ドコモ、豪雨で被災したユーザーに対しデータ通信の速度制限を解除へ

Docomo logo

NTTドコモは13日、豪雨による災害にかかる災害救助法が適用された地域のユーザーを対象に、契約プランのデータ量を超えた場合でも速度制限なくデータ通信が利用できるよう、速度制限を本日から解除することを発表した。

これは、データ量を気にせず各自治体の情報サイト、地震情報、天気予報、各種ニュースやSNS等による迅速な情報収集を可能とすることを目的として実施するとのこと。

データ通信制限の解除は、ユーザーの申し込みは不要で自動的に適用される。本日17時頃から順次実施され、2018年7月31日(火)まで実施されるとのこと。

NTTドコモは、他にも付属品の無償提供、故障修理代金の一部減額、料金支払い期限の延長などの支援も行っている。