ソフトバンク、iOS 11が動作する一部iPhoneが一部エリアでデータ通信不可になると案内

iPhone 6からiPhone Xまでのモデルが対象、iOS 12移行へのアップデートで回避可能

IPhonexIMGL6549 TP V

ソフトバンクが、iOS 11が動作する対象となるiPhone2022年4月以降、一部サービスエリアでSoftBank 4G/SoftBank 4G LTEを用いたデータ通信が順次利用不可になる案内している。該当する場合、データ通信は3G通信のみの提供になる。変更の理由は、「SoftBank 5Gのエリア拡大および、さらなる高度化に伴うネットワークアップデート」だという。

OSをiOS 12移行にアップデートすれば、これまでどおりSoftBank 4G/SoftBank 4G LTEが利用できる。該当するiPhoneは以下のとおり。

iPhoneでソフトウェアアップデートする方法

  1. iPhoneの設定アプリを開く
  2. 「一般」をタップ
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ
  4. 「ダウンロードしてインストール」をタップ
  5. パスコードを入力する
  6. ダウンロード完了後、「今すぐインストール」をタップ
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「スマートフォン」新着記事
トレンド検索