ソフトバンク、eSIMを提供開始

サービス開始時点でソフトバンクのeSIMに対応する機種は、iPhoneとPixelスマートフォンのみ

Softbank logo 01

ソフトバンクは7月14日、eSIMを提供開始した。eSIMは物理的なSIMカードを必要とせず、加入者識別情報(プロファイル)をダウンロードするだけで、手軽に通信サービスを利用可能。最短1時間ほどで利用開始できる。

ソフトバンクのeSIMに対応する機種は、サービス提供時点でiPhoneおよびPixelスマートフォンに限定される。iPhoneは、iPhone XS/XRシリーズ以降の機種。Pixelは、Pixel 4シリーズ以降が動作確認済みとされている。

すでに物理SIMを契約している場合、eSIMへの切り替えが可能。ただしメリハリ無制限 / ミニフィットプラン+ / スマホデビュープランへの加入が必要となる。

関連情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:606024)

    ワイモバイルもそうだったけど、物理SIMからeSIMの変更が店頭のみ受付で、事務手数料取られるのが解せない。

「スマートフォン」新着記事
トレンド検索