Sony Ericsson、Xperia arcのCPUをクロックアップした「Xperia arc S」をリリース


【img via Engadget

Xperia arc、国内向けモデルXperia acroに続き、Xperia arc Sが発表された。発売は10月を予定。位置づけとしてはXperia arcの後継機種で見た目に大きな変化はなく、CPUのクロック数が1.0GHzから1.4GHzに引き上げられている。ソフトウェアについては「振って3Dパノラマ写真が作れる」3D Sweep Panoramaに対応したそうだが、3Dカメラに興味のない僕にとってXperia arc Sは本当にただクロック数が上がったXperia arcである。

Xperia arc、Xperia acro、Xperia arc Sを比較してみた

下記にXperia arc、Xperia acro、Xperia arc Sとの比較表を作った。見ての通り、殆ど差がない。

端末名 Xperia arc S Xperia arc Xperia acro
OS Android 2.3.4 Gingerbread Android 2.3 Gingerbread Android 2.3 Gingerbread
プロセッサ Qualcomm MSM8255 1.4GHz (Snapdragon) Qualcomm MSM8255 1GHz Qualcomm MSM8255 1GHz
メモリ 512MB 512MB 512MB
ストレージ 1GB 1GB 1GB
ディスプレイ 4.2インチ(854×480) 4.2インチ(854×480) 4.2インチ(854×480)
カメラ(out/in) 800万画素/ – 800万画素/ – 800万画素/ –
バッテリー容量 1500mAh 1500mAh 1500mAh
重さ 117g 117g 135g
備考 モバイルBRAVIAエンジン、DLNA対応、HDMI出力、3D Sweep Panorama モバイルBRAVIAエンジン、DLNA対応、HDMI出力 モバイルBRAVIAエンジン、DLNA対応、HDMI出力、おサイフケータイワンセグ赤外線

公式プロモーション動画はこちら

Sony Ericsson公式のプロモーション動画はこちら。

Xperia arcを買うつもりだった人は買い

そもそも日本市場で発売するかどうか分かっていないが、今Xperia arcを持っている人が乗り換えるほどの機種ではないことは言うまでもない。ただ、これからXperia arcを買おうと思っている人であれば、どうせならCPUが強化されたXperia arc Sを待った方が良いだろう。

(via Gigazine
(via juggly.cn