Beats Fit Pro、正式発表 ノイキャン搭載、空間オーディオ対応、Apple H1チップ内蔵

日本では2022年初旬より取り扱い予定

Beats Fit Pro Toppage

Appleは11月1日、Beatsブランドの新しい完全ワイヤレスイヤホン「Beats Fit Pro」を正式発表した。価格は199.99ドル。米国では11月5日より発売を予定しているが、日本では2022年初旬から取り扱う。

アクティブノイズキャンセリング(ANC)と外音取り込みモードを搭載し、空間オーディオに対応。Apple H1チップを内蔵し、デバイス同士の自動切り替えやオーディオ共有機能はサポートする。探すアプリにも対応している。Androidスマートフォンとも互換性がある


Beats Studio Budsの上位モデル、ワイヤレス充電には非対応

連続再生時間は、ANC有効時で最大6時間。ケースの利用で合計最大27時間利用できる。5分間で最大1時間の再生が可能になる急速充電機能「Fast Fuel」もサポートしている。充電端子はUSB-C。ワイヤレス充電には対応していない

Beats Fit Proは、新しいトランスデューサーを採用。革新的なベントシステムにより、柔軟な振動板全体で高音域の歪みを最小限に抑え、小さなフォームファクターで優れたサウンドを実現している。

左右のイヤホンに物理ボタンが1つの搭載されており、音楽や通話操作が可能。内蔵マイクは風切り音を抑えられるという。光学センサーとモーションセンサーにより、装着・脱着時は再生が自動的に再開・停止する。

イヤーチップには独自のウィングチップを搭載しており、激しい運動中でもしっかりフィットするように設計されている。交換可能で、S、M、Lの3種類から選べる。

カラーバリエーションはBeats Black(黒)、Beats White(白)、Sage Gray(グレー)、Stone Purple(パープル)の4色展開。イヤホンのカラーとケースのカラーはマッチしている。

関連キーワード
公開情報
更新日2021年11月02日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:616085)

    やっぱキム◦カーダシアン氏の付け方間違ってたっぽいですね。

「イヤホン」新着記事
トレンド検索