【レビュー】「JBL EVEREST 300」はポップ&キュートなワイヤレスヘッドホン!バランスの良い音と優しい付け心地が魅力

JBL Everest 300 Review

ワイヤレスイヤホンは「JayBird X2」がお気に入り。ワイヤレスヘッドホンは「Parrot Zik 3」を愛用してきたが、オーバイヤーヘッドホンのせいか、暑い。

夏になるとオーバーイヤーヘッドホンが暑くて邪魔になってくる。とは言え、やはりヘッドホンが付けたくなる時はある。格好良いからだ。ヘッドホンをしているとイケてる感が漂う。目立つ。存在感がある。

そこで、新しいヘッドホンとして最近発売開始された「JBL EVEREST 300」というワイヤレスヘッドホンを買ってみることに。オンイヤーヘッドホンであるということ、「Bluetooth 4.1」対応であるということ、そしてポップで派手なカラーであるということが決め手だった。価格帯も意外とリーズナブル。

ここ最近外出が増え、移動する度に使っているが比較的バランスの取れた音クッション性のあるイヤーパッドが気に入っている。外観とともに「JBL EVEREST 300」の魅力を紹介する!

「JBL EVEREST」ヘッドホンのスペック・仕様比較

まず、「EVEREST 300」について紹介する前にEVERESTシリーズのスペック・仕様を比較しておく。これらの加えEVERESTシリーズには「EVEREST 100」「EVEREST EILTE 100」というイヤホンもあるが、今回はヘッドホンを探していたので割愛する。

EVEREST 700
EVEREST 300
EVEREST ELITE 300
EVEREST ELITE 300
EVEREST 300
EVEREST 700
EVEREST ELITE 700
EVEREST ELITE 700
タイプ オンイヤー オーバーイヤー
ノイズキャンセリング 非対応 対応 非対応 対応
ShareMe 2.0 対応 非対応 対応 非対応
カラバリ ブラック
クリアブルー
ピンク
ホワイト
ブラック
ブラック/レッド
ホワイト/ゴールド
ブラック
ブルー
グレー
ブラック
ブラック/ブルー
ホワイト
Bluetooth バージョン4.1
(対応プロファイル:A2DP V1.3、AVRCP V1.5、HFP V1.6、HSP V1.2)
バージョン4.0
(対応プロファイル:A2DP V1.2、AVRCP V1.4、HFP V1.6)
ユニット 40mm 径ドライバー
周波数特性
感度
10Hz – 22kHz
102dB/mW(有線接続時)
重量 245g 275g 274g 305g
連続使用時間 約20時間
(充電約2時間)
約10時間
(充電約2時間)
約25時間
(充電約3時間)
約15時間
(充電約3時間)
価格
Amazon
18,535円 29,333円 23,443円 34,242円

300シリーズと700シリーズの違いはオンイヤー(イヤーパッドを耳の上に置くタイプ)なのか、オーバーイヤー(イヤーパッドで耳を覆うタイプ)なのか。「ELITE」が付いている方が上位モデルとなっていて、ELITEはノイズキャンセリング機能を搭載。その代わり、ELITEではないモデルは他のBluetooth機器と聞いている音をシェア「ShareMe 2.0」機能が備わっている。

カラーバリエーションが最もポップで鮮やかなのは今回僕が購入した「EVEREST 300」。クリアブルーが非常に気に入ったので自然とこのモデルに惹かれた。

重量も「EVEREST 300」が最軽量。再生時間はオーバーイヤーモデルの「EVEREST 700」の方が5時間長いが一度の充電で最大20時間も再生できるのであれば十分。何よりも今回はオーバーイヤーではなくオンイヤーが欲しかったので700シリーズは候補から外れた。

よって、「EVEREST 300」のライトブルーを購入!続いて外観を紹介する!

「EVEREST 300」(ライトブルー)の外観をチェック

外観の前に「EVEREST 300」のパッケージが格好良かったので紹介させてもらう。一番外の箱はまあ至って普通だ。個人的に気に入ったのはその中。
JBL Everest 300 Review

これだ!格好良い!すごいイケイケ感が漂う箱だ。
JBL Everest 300 Review

パカっと開けると「EVEREST 300」のライトブルーモデルがお披露目!余談だが、僕は長いこと「JBL」のロゴを「UBL」だと思っていた。未だに最初の文字が「J」だと認識できない。
JBL Everest 300 Review

同梱物は取扱説明書、充電用のUSBケーブル、有線ケーブルが含まれている。
JBL Everest 300 Review

では本体の外観をチェックしよう!
JBL Everest 300 Review

左右のイヤピースの外側には「JBL」のロゴが。
JBL Everest 300 Review

ヘッドバンドの左側には「EVEREST」の文字が。
JBL Everest 300 Review

右側には「300」と書かれている。
JBL Everest 300 Review

左のイヤーパッド側には音量ボタンと操作用ボタン。これはiPhoneに同梱されているEarPodsと同じ操作が可能となっていて、中央にある凹んでいるボタンを1回押せば再生、もう1回押せば停止。2回押せば次の曲に、3回押せば前の曲に戻る。ボタンのクリック感は非常によく、操作用のボタンが凹んでいるためヘッドホンをしたままでも操作しやすい。
JBL Everest 300 Review

右側のイヤーパッドにも同様のボタンが用意されているが、凹んだ部分はボタンになっていない。上のボタンが電源ボタン。長押しでオン・オフを切り替えられる他、電源が切れた状態から長押しをし続けるとペアリングモードになる。下の方のボタンは先程紹介した「ShareMe 2.0」機能用のボタン。
JBL Everest 300 Review

充電用ポートと有線ケーブル用のヘッドホン端子は右側のイヤーパッドに設置されている。「ShareMe 2.0」んボタンの下に見えるのはマイク。エコーキャンセリング技術を搭載し、高品質なハンズフリー通話を行うことができる。
JBL Everest 300 Review

ヘッドバンドのクッションはまずまず。ふかふかではないが、程良い。
JBL Everest 300 Review

バンドの長さは自由に調整することができる。フィット感が細かく調整できるのは長時間つける上でとても大事だ。
JBL Everest 300 Review

イヤーカップの中に「R」と「L」が書かれているため、確認さえすれば左右を間違えることはないだろう。イヤーパッドは低反発素材が採用されヘッドバンドよりもクッション性が高く、数時間つけ続けた状態で作業してみたがほとんど気にならない。頭を激しく振れば取れてしまうが、小走り程度では外れない。その代わり、僕のようにメガネを掛けている人はイヤーパッドに押されているような印象を受けるかもしれない。
JBL Everest 300 Review

地味に便利なのはこうして折りたたむことができる点。カバンの中に入れて持ち運びたい僕としてはこのようにコンパクトにすることができるのは助かる。
JBL EVEREST 300 foldable

実際に付けてみた!このヘッドホン、結構好きだ!

それでは最後に実際に「EVEREST 300」をつけたところを写真で撮ってもらったので紹介する!実際に付けてみたところを写真で撮ってもらって気付いたのが、意外と横向きにせり出すこと。左右の耳に青色のお椀を置いているみたい。まあいっか。
JBL Everest 300 Review

真横から見る分には全く問題ない。なお、遮音性は想像以上に高い。この写真は渋谷のイケてるカフェでお馴染みのfactory前で撮影したのだが、数メートル先から話しかけられてもよく聞こえないぐらいには外の音をシャットアウトしてくれている。ノイズキャンセリングいらず!
JBL Everest 300 Review

冒頭でも書いた通り、フィット感は非常に良い。耳の上に乗るようなサイズ感でクッション性のあるイヤーパッドのお陰で長時間付けていられる。

音に関してはバランスが良い。低音を必要以上に強調することもなく、フラットに近い僕好みの音だ。強いて言えばもう少し音が抜けてクリアになってほしいところだ。オンイヤーヘッドホンということもあり、音がダイレクトに耳に伝わる感じも気に入っている。

個人的に「EVEREST 300」で一番気に入っているのはこのカラーかもしれない。ポップでキュートとは書いたが、春らしい爽やかな色でしつこい顔をしている僕にピッタリ!聴いていなくても首にかけているだけで爽やかボーイを演出できそうだ。

ファッション性のあるワイヤレスヘッドホンは非常に限られている。このバランスの取れた音質と2万円を切る価格帯は個人的に非常にお買い得だ。そしてなんといっても発売されたばかりの新モデル!気になる人はこの機会にチェックしてみるべし!