Anker、最大65時間再生が可能なノイキャン対応ワイヤレスヘッドホンを発売

Bluetooth 5.3ヘッドホン「Soundcore Space Q45」を販売開始

A3040 TD02 V1

Ankerは9月21日、ノイズキャンセリング機能を搭載したオーバーイヤーヘッドホン「Soundcore Space Q45」を販売開始した。

ベストセラーを獲得したワイヤレスヘッドホン「Soundcore Life Q30」の後継モデルと位置付けられており、低反発クッション素材をイヤーパッドに採用し長時間装着しても疲れににくい。重さは約295gUSB-Cを使った2時間のフル充電で、ノイズキャンセリング有効時で最大50時間、通常再生で最大65時間の連続再生時間を確保できる。

各種操作は、左右のイヤーハウジングに配置された物理ボタンで行う。左側は電源とノイズキャンセリング、右は音量と再生・停止が操作できる。

ノイズキャンセリング機能は、環境に合わせてアクティブノイズキャンセリングの強度を自動で調整するAnker独自技術の「ウルトラノイズキャンセリング2.0」を搭載。専用アプリを併用することで、ノイズキャンセリングモードや外音取り込みモードの切り替えなど各種カスタマイズが行える。

Bluetooth 5.3をサポートし、充電端子はUSB-C。コーデックはSBC、AAC、LDACをサポートする。

ギャラリー

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「ヘッドホン」新着記事
トレンド検索