Anker、ノイキャン対応ワイヤレスヘッドホン「Soundcore Life Q30」を発売

最大60時間の電池持ち、3種類のANCと外音取り込みモード、2台同時ペアリングなど、ハイエンド機能が盛り沢山

Anker Soundcore Life Q30

Ankerは1月13日、アクティブノイズキャンセリング(ANC)をサポートしたオーバーイヤー型ワイヤレスヘッドホン「Anker Soundcore Life Q30を発売した。

Anker Soundcore Life Q30」は40mmのダイナミックドライバーを内蔵し、AUXケーブル接続時はハイレゾ音源をサポートする。対応するコーデックは、AACおよびSBCのみ。電池持ちは、ANC有効時で最大40時間、無効時で最大60時間充電端子はUSB-Cが採用されており、充電時間は約2時間とされている。

専用アプリでノイズキャンセリングの種類を切り替え可能

内蔵された2つのマイクが周囲の騒音を検知し、低周波ノイズを除去する。専用アプリとの連携により、周囲の環境に応じて3つのノイズキャンセリングモード(交通機関モード、屋外モード、屋内モード)から選択できる。

「交通機関モード」は、乗り物のエンジン音を最小限に抑え、「屋外モード」は車の走行音や風の音を、「屋内モード」は周囲の会話や足音などの騒音を低減する。「外音取り込みモード」も用意され、ヘッドホンの右耳パネルを1秒間タッチすることで、周囲の音が聞こえやすくなる。

Anker Soundcore Life Q30」は、同時に2台のデバイスと接続可能。一度に再生できるのはどちらか一方のデバイスに限定されるが、Bluetooth接続を都度切り替える必要がなく、スマホで音楽、Macでビデオ会議など、スムーズに行き来ができる。

関連情報
カテゴリヘッドホン
タグ#Anker
更新日2021年01月13日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「ヘッドホン」新着記事
トレンド検索