学生みんなが特待生。

就活生の天敵!エアリーフレッシャーズ、内定辞退する可能性がある学生をリストアップする機能を強化

エアリーフレッシャーズ

採用担当者にとっては便利かもしれないが、学生にとっては最悪とも言えるこの新機能。現在就職活動をしている人は要チェックだ。

ガイアックスが提供する内定者専用SNS「エアリーフレッシャーズ」が内定辞退する可能性がある学生をリストアップする機能を強化したことを発表した!

内定辞退は「利用頻度」「投稿頻度」「懇親会参加状況」などが基準

「エアリーフレッシャーズ」とは業界No.1を謳う内定者・若手人材育成のためのSNS

今回機能強化された「内定辞退する可能性がある学生」をリストアップする機能は、エアリーフレッシャーズの「利用頻度」「投稿頻度」「懇親会参加状況」によって内定辞退する可能性を判断するとのこと。逆に言えば、SNSを定期的に開いて投稿し、懇親会などに積極的に参加しないと「内定辞退する可能性がある」と見なされるということになる。

確かに採用担当者からすると膨大なコストを注ぎ込んで一握りの優秀な学生を獲得しなければならない。内定辞退する可能性がある学生を事前に把握することによって早い段階から適切なフォローをすることも可能になる。

ただ、これらの判断基準はハッキリ言ってナンセンスである。そもそもSNSに興味がない学生も少なからずいる。投稿するのが億劫な人もいれば、多くの人と交流するような懇親会を苦手とする人もいる。これらで「内定辞退する可能性がある」と判断するのはいかがなものだろうか。

採用担当者はこれをあくまでも「内定者が辞退する可能性がある」という1つの指標として新機能を利用してもらうことを切に願う。採用担当者は学生のSNSに対する利用状況よりももっと見るべきことがあるだろう。

内定者フォロー・新人育成SNS「エアリーフレッシャーズ」