Samsungが作るパーツはiPhoneの26%を占めている

法廷での戦いの方が製品よりも話題になりつつあるAppleとSamsungだが、実際iPhoneの重要なパーツはSamsungのものが使われていることは有名な話。実際にどれぐらい使われているかをThe Economistがまとめていたので、紹介する。


どうやらSamsungのパーツはiPhoneの値段の26%を占めているそうで、アプリケーションプロセッサーフラッシュメモリDRAMメモリを提供している。特許戦争がさらに泥沼化して仮にSamsungが「もうAppleにはパーツを提供しない!」ということになったらAppleは一体どうするのだろうか。かなりリーズナブルな価格で提供をしていると思うので同等の価格帯で取引をしてくれるところは難しいように思えるが、それも世界のAppleであれば問題ないだろうか…。

patents

【img via The Economist

(via Gizmodo
(via The Economist

関連情報
更新日2014年11月05日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Samsungニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索