Apple、オーディオブックのサブスクを今年後半に発表か

オーディオブックが読み放題になるサービスを準備中か

Dan farrell FnR2U1lXsBQ unsplash

Appleが、オーディオブックのサブスクリプション(定額課金)サービスを準備している可能性がある。The Economistによると、2022年後半に発表する計画があるという。詳細は不明だが、Bloombergの名物記者Mark Gurman氏は、年内に新しいサービスの発表を予測していた。

オーディオブックは現状、Apple Booksで提供されているが1冊ごとの買い切りとなっている。Amazonのオーディオブックサービス「Audible」は、月額1,500円で40万冊以上のうち1冊が無料、他の作品は都度課金の仕組みを取る。audiobook.jpは月額880円で1万冊が読み放題だ。

Appleはこれまでに、Apple Music(音楽コンテンツ)、Apple TV+(動画コンテンツ)、Apple News+(ニュース)、Apple Fitness+(フィットネス)などのサブスクリプションサービスを提供している。

公開情報
更新日2022年01月06日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索