Twitterのサブスク、利用料金は月額350円 カラーテーマやカスタムアイコンも提供か

Twitter Blue、公式アプリのアプリ内課金として提供される模様

Twitter Blue Pricing in Japan

Twitterが準備中とされる有料サブスクリプションサービス「Twitter Blue」は、Twitter公式アプリのアプリ内課金として提供され、月額2.99ドルで利用できることが明らかになった。日本での価格は月額350円であると判明した。

大手SNSの未発表機能を多数発見しているJane Manchun Wong氏によると、「Twitter Blue」は、リーダーモード、カラーテーマ、カスタムアイコンが設定できるという。カラーテーマは、ブルー、イエロー、レッド、パープル、オレンジ、グリーンが用意。アプリアイコンは、カラーテーマの6色に2種類が加わり合計8種類から選択できる。

「Twitter Blue」は、保存したツイートを整理して見返しやすくする「コレクション」機能、Gmailの送信取り消し機能と似た「ツイート取り消し」機能が判明している。買収した広告ブロックサービス「Scroll」を取り入れた上位プランの提供も噂されている。

Twitterは、一部アカウントに投げ銭機能「Tip Jar」を提供開始。今年2月には月額4.99ドルの投げ銭機能「スーパーフォロー」を発表しているが、提供開始時期は明らかにしていない。

公開情報
更新日2021年05月28日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Twitterニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索