Sixcore(シックスコア)に「WordPress国外IPアクセス制限」機能が追加されていた!

Forbidden

昨日、急にWordPressの管理画面に入れなくなってしまった。

いつも通り「/wp-admin」にアクセスすると上記のような403エラー画面が表示されてしまい、一向に管理画面に入ることができなかった。幸いにもMarsEditからの編集は可能だったため記事の投稿は特に問題なかったものの、管理画面に入れないのは何かと困る。

Twitterのタイムライン上でも同様の問題を報告する人が多く、「WordPressで読み込み速度1秒台を実現するために実施した5つの施策」でっ紹介した「CloudFlare」を導入している人が多かったため、当初はこのCDNサーバーが悪さをしているのではないかと思っていた。

調査の結果、原因は「CloudFlare」ではなかった。WordPressの管理画面にアクセスできなかったのは、ブロガーご用達のレンタルサーバー「シックスコア」の仕様変更が原因だった!

「WordPress国外IPアクセス制限」機能が追加された

結論から言うと、原因は昨日追加された「WordPress国外IPアクセス制限」機能だった。

一昔前は安定性に欠けていたCloudFlare。今でもその頃の実績を理由に敬遠する人もいるぐらいなので、今回管理画面に入れなくなったのもCloudFlare側にあるのではないかと思っていた。

ところが、昨日夜管理画面にアクセスしたところ、以下のような見慣れない画面が表示されていた。

WordPress管理画面へのアクセスが拒否されました

上記画面が表示された人はいるだろうか。この画面が表示されてしまっていた理由、それはgori.meや数多くのブログで使われているレンタルサーバー「シックスコア」が「WordPress国外IPアクセス制限」機能を追加したからだったのだ!

ニュース/マルチドメイン対応高コストパフォーマンス 共有レンタルサーバー シックスコア(sixcore)

詳しいことは分からないが、CloudFlareを介していることによって国外IPとして認識され、ブロックされていた可能性が高い。セキュリティレベルを高めるはずの機能追加が管理人本人も締め出す機能になってしまっている悲劇…。

「WordPress国外IPアクセス制限」機能を無効に

セキュリティを強化することは大事だが、そもそも自分自身が管理画面に入れないのは本末転倒だ。早速同機能を無効にしてみることにした。

やり方は簡単だ。シックスコアのサーバー管理ツールにアクセスし、「アクセス拒否設定」の中にある「WordPress国外IPアクセス制限」を無効にする。

シックスコアアクセス拒否設定

反映した結果、これまで発生していた謎のリダイレクトは表示されなくなり、無事管理画面にもログインできるようになった。これを調べてくれた友人曰く、403エラーが表示されていたのはエラーページのHTML準備中だったのかもしれないとのこと。やれやれ…。

シックスコアとCloudFlareを両方とも使っていて、管理画面に入れずに困っている人がいれば一度この設定を見直してみた方がいいかもしれない!

月間平均50万PV、時には瞬間アクセス500を出してもビクともしないシックスコアサーバー。高性能で手軽に借りることができるレンタルサーバーをお探しの人はチェックするべし!