稼働中のテーマを修正したい時、変更箇所をログインユーザーしか見せないようにする記述が超便利!

Looking inside the box

比較的規模感の大きいデザイン変更を実施する場合、ローカル環境やテストサイトなどの環境で作業するのが一般的だと思うが、過去に作ったローカル環境がなくなってしまってからぶつけ本番修正しているg.O.R.i(@planetofgori)デス!リターンはともかく、ハイリスク!

何も本番環境を直接いじることが格好良いだなんて微塵も思っていない。可能であればそのリスクを最小限にして手を加えたいとは常々思っている。そこで、先日ウェビメモ稼働中のテーマを修正しても変更箇所をログインユーザーしか見せないようにする記述が紹介されていたので早速使ってみたところ、物凄く便利だったので載せておく!

囲った部分はログインしているユーザーしか見れない!

複数人で運営している媒体ではない場合、ログインしているユーザーは自分のみ。ローカル環境やテストサイトで作業するほどではないが、念の為にテストしておきたいという場合は以下の記述を利用するべし!

<?php if (is_user_logged_in()) : ?>

<!-- テストしたい記述をここに書くべし! -->

<?php endif; ?>

記述の意味としては「ログインしているユーザーであれば『テストしたい記述をここに書くべし!』に書いた記述が表示されるよ」ということ。先日PC向けのデザインを変更したが、この時も僕はこの記述に相当助けられた。

大規模な修正は依然としてローカル環境などで作業した方が良いと思うが、軽めの修正である場合は上記記述を活用した方が効率的かもしれない!

僕は引き続きローカル環境を再構築するまで上記コードを活用して本番環境で深夜に作業を実施することになりそうだ!わっしょい!

WordPressで読み込み速度1秒台を実現するために実施した5つの施策 | gori.me(ゴリミー)

(via ウェビメモ

FOLLOW / 最新情報を購読