大手メディアも実装済み!WordPressの個別記事ページに「次の記事」「前の記事」のリンクを表示する方法

Which way 【img via either way sign by red11group

どうせなら1本でも多くの記事を読んでもらいたい!そう思いながらブログを更新している人も多いはず。

関連する記事の表示読まれている記事と同じカテゴリの最新記事を表示する方法は既に紹介しているが、今回は表示されている記事から前の記事もしくは次の記事へのリンクを表示する方法を紹介する!

single.phpに以下の記述を追加する

プラグインなどは使わず、以下の記述をsingle.phpに追加するだけ。見た目等に関してはそれぞれをdivタグで囲むなどしてCSSを修正するべし。まず紹介するのは表示されている記事と同じカテゴリーの記事を表示する記法。

同カテゴリー内の前の記事

<?php previous_post_link('%link', '%title', TRUE, ''); ?>

同カテゴリー内の次の記事

<?php next_post_link('%link', '%title', TRUE, ''); ?>

上記はあくまでも同じカテゴリー内の前後記事を表示する方法@webbingstudioさんに教えてもらったのだが、上記のTRUEをFALSEもしくは指定しないことによって新着順に表示されるようだ!


僕も初めて知った!@webbingstudioさん、ご丁寧に説明頂きありがとうございます!詳しくはWordPress Codexにも書かれているので、さらに詳しく知りたい人は確認するべし!

一見ただ隣の記事を表示するためのリンクに思えるかもしれないが、これはSEOの観点においても効果があると言える。最新記事がクローリングされた際により多くの記事に流すことができるからだ。

実際に「次の記事」「前の記事」はGigazineGizmodoTechCrunch Japanなどの大手ブログメディアでも実装されている。少なくとも逆効果になることは少なそうだ。

まだ実装していない人は導入してみてはいかがだろうか!

PV数を確実に増やすことができる、関連記事の設置場所と見せ方

PV数を確実に増やす!読まれている記事と同じカテゴリの最新記事をサムネイル付きで表示する方法

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!