Facebook、ニュースフィードのアルゴリズム変更を発表!ページの投稿は減り、友人の投稿が増える見通し

Facebook LIke Sign Campus

Facebookは米国時間11日、ニュースフィードのアルゴリズムを今後数ヶ月で大幅に変更することを発表した。今後は友人や家族の投稿が優先的に表示され、メディアやビジネスのFacebookページの投稿は優先度が下げられることが明らかになった。

News Feed FYI: Bringing People Closer Together

Facebookさんの投稿 2018年1月11日(木)

Facebookの滞在時間低下は予想の内、質の向上が狙い

FacebookのCEO Mark Zuckerberg氏は、2018年の目標の1つとして、Facebookで過ごす時間の質を向上させることを挙げている。

Zukerberg氏によると、ここ数年間、動画などのコンテンツが爆発的に増えた結果、ビジネスやブランド、メディアの投稿が増え、パーソナルな投稿が見づらくなっているという声が上がっているとのこと。本来、友人や家族と繋がるためのプラットフォームだったはずのFacebookが、その役割を果たせなくなっていたのだ。

調査の結果、多くの人はSNSで親しい人と繋がっていると孤独感を感じづらく、長期的に見て健康かつ幸せでいられることが判明。一方で、記事を読んだり、動画を見たりするのは内容に関わらず、悪影響を及ぼす可能性があるとのこと。

このことから、Zuckerberg氏はFacebook全体の方針を変更し、ユーザーにとって親和性・関連性の高いコンテンツが発見でき、より意味のあるソーシャル・インタラクションを体験できることを目標として掲げると宣言。

One of our big focus areas for 2018 is making sure the time we all spend on Facebook is time well spent.We built…

Mark Zuckerbergさんの投稿 2018年1月11日(木)

この変更により、ニュースフィードにおけるFacebookページの優先度が下がることに加え、ユーザーが反応したくなると判断された投稿を優先的に表示する仕組みも提供される。友人同士が盛り上がっている会話などが上位に表示されやすい、ということなのだろうか。

Facebookページを運営しているパブリッシャーは、今回の変更によってリーチが大きく変動する可能性があることを念頭に置いた方が良さそうだ。特に投稿に対して反応やコメント数が限られているページは顕著に変化が現れると思われる。

逆に、コメント欄が活発に盛り上がっているようなFacebookページはこのアルゴリズム変更の影響を受けづらいと見られ、場合によっては従来よりも上位に表示される可能性もある。