「Apple Watch Sport」、水に15分間浸かっていても動作することが判明

Apple Watch Sport Waterproof
Apple Watch」は防水仕様ではなく、耐水仕様だ。Tim Cooks氏は「毎晩付けたままシャワー浴びてる」とコメントしていたが、水に浸すことは推奨しないと明記されている。

Apple Watchは防沫性能と耐水性能を備えていますが、防水性能はありません。例えば、エクササイズ中、雨の中、手を洗う時にApple Watchを着用および使用できますが、Apple Watchを水に浸すことは推奨しません。Apple WatchにはIEC規格60529にもとづくIPX7等級の耐水性能があります。レザーバンドは耐水性ではありません。

via Apple Watch – Apple Watchの購入 – Apple Store(日本)


では実際「Apple Watch」の耐水性能はどの程度なのだろうか。FoneFoxが実施した防水・耐水テストによると「Apple Watch Sport」、水に15分間浸かっていても動作することが明らかになった

シャワーを浴びてもバケツ一杯の水に浸しても動作に問題なし

行った実験は3種類5分ずつ。まずは軽いシャワーを数分間付けたまま浴び、シャンプーも付けて使用。拭いた後、問題なく動作することが明らかになった。

その後バケツ一杯の水に5分間浸し、さらにプールに5分間沈めたが、「Apple Watch Sport」は問題なく動作している。合計15分間水に浸されていたが、デジタルクラウンも含め、動作に支障は全く無いようだ。

以下、実際に実験している動画をご覧あれ!



「Apple Watch」の全モデルが同程度の耐水仕様となっているかは分からないが、少なくともSportモデルは防水仕様並みの耐水仕様であるようだ。これで安心して夏場も汗だくになりながら走ることができるね!

(via 9To5Mac

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトムービーが公開ーー5.8インチ型の曲面有機ELディスプレイ搭載、ワイヤレス充電対応
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ