Apple、2020年度第2四半期(2020年1月〜3月期)の決算を発表

昨年同時期の水準を維持、来期の業績予想は「リスクと不確実性」を理由に見送り

Appleは5月1日、2020年度第2四半期(2020年1月〜3月期)の決算を発表した。売上高は583億ドル、純利益は112億ドル。昨年同時期比で売上高は1%増、純利益は3%減となった。「iPhone」は7%減、「ウェアラブル、ホーム、アクセサリー」は23%増、「サービス」部門は17%増をだった。

来期の業績予想は、「リスクと不確実性」を理由に発表を控えた。Appleのティム・クックCEOは、Financial Timesとのインタビューで在宅勤務をする人の増加に伴い、iPadおよびMacは前年同期比で伸びると予想している。

2020年度第2四半期(2020年1月〜3月期)の業績内容

売上高・利益・各デバイスの売上高

売上高 583億1300万ドル(1%増
純利益 112億4900万ドル(3%減
1株利益 2.55ドル(3%増
iPhone 289億6200万ドル(7%減
Mac 53億5100万ドル(3%減
iPad 43億6800万ドル(10%減
ウェアラブル、ホーム、アクセサリー 62億8400万ドル(23%増
サービス 133億4800万ドル(17%増

地域別売上高

アメリカ 254億7300万ドル(0%増
ヨーロッパ 142億9400万ドル(9%増
中国 94億5500万ドル(7%減
日本 52億600万ドル(6%減
アジア太平洋地域 38億8500万ドル(7%増

詳細はプレスリリースからどうぞ!

関連情報
更新日2020年05月02日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    前評判考えたら、全然減ってないじゃないっすか!
    Appleは高級品ばかりだから墜落するってあれだけネットだと言われてたんですけどね〜。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索