Dropbox、さり気なくロゴデザインを変更していたことが判明

Dropbox New Logo
先日、DropboxはGoogleドキュメントに対抗するサービスとして「Dropbox Paper」をリリースしたが、実はそのロゴに変化が起きていたことに気がついた人はいただろうか。

Figmintsによると、Dropboxはロゴデザインを僅かに変更していたことが明らかになった!

丸みを帯びたSans Serif系フォントに変更へ

新しいロゴが初めて披露されたのは10月13日に公開された「Creative Freedom」と題されたプロモーション動画内。1分間に渡る映像のラストに表示されていたロゴは新しいデザインだったのだ。



パッと見てもその違いが分からないので、新旧ロゴを比較してみるとフォントとフォントカラーが変更されていることが分かる。The Next Webによると丸みを帯びたSans Serif系フォントを採用。「Motiva Sans」をカスタマイズしたものではないかと指摘している。またフォントカラーが「#007ee5」から「#1d81e2」に変わっているという。

Dropbox New Logo
まだロゴデザインは全てのページに適用されていないが、一般的にはほとんどの人が見分けられないほどの細かい変更であるため、変わったことにさえ気付くことなく新ロゴへの移行が完了しそうだ。

(via The Next Web

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 初代iPhoneの初期プロトタイプが動作している映像がさらに公開
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ