DropboxのAppleシリコン対応、ついに動き出す テストを開始

今月末までに対象ユーザーを全ベータ版ユーザーに拡大、2022年前半までに正式リリースへ

Dropbox App Icon Image

Dropboxが、MacアプリのAppleシリコン対応バージョンのテストを開始した。Dropboxのコミュニティで昨年、担当者が「コミュニティからの強い要望がなければ社内で提案できない」と発言し批判が殺到していた。

現在のDropboxアプリは、Rosetta 2上で動作。ネイティブアプリではないためメモリおよびバッテリー消費が大きい

Dropboxによると、ネイティブ版のテストは一部ユーザーが対象。今月末までに、Macアプリのベータ版をインストールしているユーザーに拡大する。同社CEOのDrew Houston氏は、2022年前半までに対応バージョンのリリースを宣言している

(Source: MacRumors

もっと読む

7本の記事を表示する

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Dropbox」新着記事
トレンド検索