Amazon、ルンバのiRobotを17億ドルで買収

買収後の計画は不明だが、スマートホーム事業の強化に貢献することは想像に難くない

Onur binay GVHu2oJimH4 unsplash

Amazonは現地時間8月5日、ロボット掃除機「ルンバ」シリーズで知られるiRobotを約17億ドル(約2,200億円)で買収すると発表した。買収完了後も、iRobotのCEOとしてColin Angle氏が続投する。

iRobotは、初のロボット掃除機を発表してから20年が経った。今年3月には独自のソフトウェアプラットフォーム「iRobot OS」を発表している。AmazonはiRobot買収後の計画を明らかにしていないが、スマートホーム事業の強化に貢献することは想像に難くない。EchoデバイスRingカメラやドアベルとも連係するだろう。

多くのスマートホーム家電はAlexaに対応しており、スマートホーム市場におけるAmazonの存在は大きい。ロボット掃除機のトップシェアを誇るiRobotを傘下に入れたことで、その勢いは高まるばかりだ。”家の支配”が強まれば、プライバシーへの懸念を指摘する声が高まることは避けられないだろう。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年08月05日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:633258)

    不調だったから買収されたわけではないんですよね?

  2. 通りすがりの読者(コメントID:633203)

    びっくり。今後どんな変化が起きるのか楽しみ!

「Amazonニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索