自分が撮った写真がApple Storeに飾られるかも?!Apple、iPhone写真コンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催へ

Shot on iphone challenge

Appleは1月22日から2月7日にかけて、iPhone写真コンテスト「Shot on iPhone Challenge」を開催することを発表した。

世界中から応募された写真の中から審査員が10点を選び、2月に発表。入賞作品はいくつかの厳選された都市、Apple直営店そしてオンラインや屋外広告などに使われるとのこと。

審査員には元オバマ大統領専属のチーフ‧オフィシャル‧ホワイトハウス‧フォトグラファーPete Souza氏や、iPhoneの新モデルが登場すると必ずカメラ性能の評価をテストするiPhoneフォトグラファーAustin Mann氏などを合計5人のプロを選出。

Apple幹部のPhil Schiller氏やソフトウェア担当バイスプレジデントSebastien Marineau-Mes氏などAppleからも6人が選出され、合計11人で審査する。

ベストショットの応募方法(コンテスト参加方法)

「Shot on iPhone Challenge」に応募するには、iPhoneで撮ったベストショットに「#ShotoniPhone」とハッシュタグをつけ、InstagramまたはTwitterに投稿。イメージのキャプションにどのiPhoneの機種を使ったかを明記する必要がある。

また、写真を高解像度でshotoniphone@apple.comに提出することも可能。その場合、ファイル名を firstname_lastname_iphonemodel (名前_苗字_iPhoneの機種)とするように指定されている。

写真はiPhoneのカメラで撮ったそのままの状態でも、Appleの編集ツールまたはサードパーティのソフトウェアを使って編集したものでも問題ないとのこと。

写真の応募期間は米国時間1月22日の午前12:01(米国太平洋標準時) から2月7日の午後11:59(米国太平洋標準時)まで。参加資格は18歳以上で、Appleの社員およびその家族は参加できない。

その他注意事項などについては「Shot on iPhone チャレンジ 公式ルール(PDF)」を確認した上で参加するべし!

参加方法

  • SNSに投稿する場合:iPhoneで撮影した写真に「#ShotoniPhone」のハッシュタグを付け、イメージのキャプションにどのiPhoneの機種を使ったかを明記した上で投稿
  • メールで提出する場合:ファイル名を firstname_lastname_iphonemodel(名前_苗字_iPhoneの機種)にした上でshotoniphone@apple.comに提出。

写真編集の可否について

  • iPhoneのカメラで撮ったそのままの状態でも、Appleの編集ツールまたはサードパーティのソフトウェアを使って編集したものでも問題ない

参加資格

  • 18歳以上
  • ただし、Appleの社員およびその家族は参加できない

応募期間

米国時間1月22日の午前12:01(米国太平洋標準時) から2月7日の午後11:59(米国太平洋標準時)まで

入賞作品の発表

  • 入賞者には2019年2月26日頃に通知される予定

受賞作品の利用方法

  • Apple Newsroom、AppleのInstagram、apple.com、Apple直営店、Apple WeChat、AppleのTwitter、AppleのWeibo、そして世界中の屋外広告などでフィーチャーされる
  • 関連キーワード
    コメントを残す

    コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

    「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
    トレンド検索