Apple、アプリやウェブにおけるユーザートラッキングを許可制にーー今春導入へ

ユーザートラッキングするアプリは、ユーザーに許可を問うポップアップが表示される仕組みに

Apple privacy day privacy logo 01282021

Appleは1月28日、透明性の向上と裁量権の強化を目的として、App Tracking Transparency(アプリケーションのトラッキング申告)を発表。Apple以外の企業が所有・運営するアプリケーションやウェブサイトを通じてユーザーデータを追跡する場合、事前にユーザーの許可を必要とする仕組みを導入する。

今春リリースが予定されている、iOS 14iPadOS 14、tvOS 14から適用される。

Facebookが見せしめに、Mark Zuckerbergは不満爆発

Appleが公開したスクリーンショットでは、Facebookアプリを例に「Facebookが、他社のアプリやウェブサイトのトラッキングを許可しますか?」のポップアップが表示。「許可しない」「許可する」の2択から選択できる。

Apple privacy day facebook 01282021

ユーザートラッキングを行う広告を導入しているアプリは、売上に大きな影響を及ぼす可能性が高い。Facebookの決算発表において、CEOのMark Zuckerberg氏は「ユーザートラッキングの許可制はユーザープライバシーを守るためではなく、Facebookの事業利益を害することが目的だ」と語り、不快感を示した。

米国内におけるFacebookユーザーの半数は、iPhoneなどAppleのプラットフォームを利用している。ユーザートラッキングの許可制が導入されることで広告の配信精度が低下し、売上に影響を及ぼす可能性は高い。

一方GoogleはAppleの発表を受け、トラッキングIDの使用停止を発表。許可を問うポップアップは表示されないが、アプリデベロッパーに対し「大幅な収益減になる可能性がある」としている。

App Store、プライバシー情報に関する「プライバシーラベル」を導入

iOS 14iPadOS 14は、App Storeの各アプリページにプライバシー情報に関する「プライバシーラベル」を追加した。

Apple privacy day app privacy 01282021

Appleは「加工食品のパッケージで見かける栄養成分表示に当たるもの」と説明しており、Appleを含むすべてのデベロッパに対し、プライバシー取り扱いの概要をユーザーに見える化している。

なおFacebookが使用する個人情報量は膨大だ。

関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索