Apple、最新のアクセシビリティ機能を発表。ドア検知、リアルタイム書き起こしなど

今年後半に配信予定のソフトウェアアップデートで利用可能に

Apple Accessibility OS features 2022 hero

Appleは5月17日、「ドア検知」「Apple Watchミラーリング」「ライブキャプション」を含む、最新のアクセシビリティ機能を発表した。今年後半に配信予定のソフトウェアアップデートで利用可能になるという。

ドア検知(Door Detection)


ドア検知(Door Detection)は、弱視または盲目の人向けに、ドアとの距離、開閉状況、閉じている場合は開け方や開ける方向、ドアノブの形状や操作方法などを伝える機能。部屋番号などドアの周囲にある情報の読み取りも可能だ。

LiDARセンサーから取得した情報およびデバイス内機械学習を活用するため、対応製品はLiDARセンサーを搭載したiPhoneまたはiPadに限定される。

Apple Watchミラーリング(Apple Watch Mirroring)

Apple Watch mirroring

Apple Watchミラーリング(Apple Watch Mirroring)は、運動機能障害を持つ人がApple WatchをiPhoneから操作可能にする機能だ。iPhoneで利用できる音声操作やヘッドトラッキング、Made for iPhone対応周辺機器を利用することで、Apple Watchの健康関連機能の恩恵を受けられるようになる。

昨年発表したハンドジェスチャーで操作可能になるアクセシビリティ機能も改良され、新たに「Quick Actions」が追加。ダブルピンチのジェスチャーで通話の応答、通知の解除、写真の撮影、メディアの再生・停止などが利用できる。

ライブキャプション(Live Caption)

ライブキャプション(Live Caption)は、難聴の人向けに音声コンテンツをリアルタイムでテキストに書き起こししてくれる機能だ。MacのFaceTimeで利用した場合、テキスト入力した内容を読み上げてくれる。

VoiceOverに20カ国語以上を追加、他にも新機能多数

読み上げ機能「VoiceOver」に、20カ国語以上を追加。ウクライナ語、ベトナム語、カタルーニャ語などが対応した。

ほかにもゲームプレイがしやすくなるように、1つのコントローラーを2人で使用可能にする「Buddy Controller」、Siriが反応するまでの時間を調整する「Siri Pause Time」、自身の周りにある独自の音を検知するカスタマイズ機能「Sound Recognition」などが追加される。

公開情報
更新日2022年05月17日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Appleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索