Apple Parkの最新空撮動画が公開!広大な敷地、大量の太陽光発電パネル

Apple Park Drone Footage

Appleが長らく建設を進めていた新本社は「Apple Park」と呼ばれることが判明。発表後初となるドローンによる空撮4K動画が公開されていたので、紹介する!

屋上に設置されている17メガワットの太陽光発電システムや広さ10万平方フィート(約9,290平方メートル)のフィットネスセンター、1,000人を収容できる「Steve Jobs Theater」やビジターセンターの様子も映っている。

「Apple Park」の正式オープンは2017年4月以降を予定。従業員は順次移動し、引っ越し完了は10月まで掛かる見通し。