Appleの新本社「Apple Park」、4月にオープン!シアターは「Steve Jobs Theater」と命名

Apple park photo 1 building trees

長らく建設中だったAppleの新本社キャンパスの正式名称が「Apple Park」になることが発表された

12,000人以上の従業員は正式オープンとなる2017年4月以降に順次移動開始となる。引っ越し作業完了まで6ヶ月掛かる見通しとなっていて、建物や公園などの建設作業は引き続き夏頃まで掛かる予定。

一般人向けのビジターセンターやカフェも用意

175エーカー(約708,200平方メートル)の広大な敷地の中に建てられたApple Parkには1,000人を収容できるシアターを建設。故Steve Jobsを追悼し「Steve Jobs Theater」と命名。

Apple park photo 2 theater

他にも従業員向けに10万平方フィート(約9,290平方メートル)という想像を絶する広さのフィットネスセンター、ランニングやウォーキング用の道が用意され、果樹園や牧草地、池などもキャンパス内に用意されているとのこと。

一般人向けにもビジターセンターやカフェが用意されているとのこと。生きているうちに一度は立ち寄ってみたい。

本社は100%再生可能エネルギー運営されているとのことで、屋上には17メガワットの太陽光発電システムが設置されている。

あわせて読みたい