Facebook、初めてニュースフィードの「コア・バリュー」を公式に解説

Facebook pen and notebook
【image via Sarah.Marshall

本日、Facebookはニュースフィードのアルゴリズムにおける「コア・バリュー」を同社として初めて公式に解説した。要は、ニュースフィードに表示される内容の判断軸である。

同時に、Facebookはアルゴリズムを再度調整したことを発表。向こう数週間のうちに反映されるとのことで、今まで以上に繋がっている友達の投稿が優先的にニュースフィードの上位に表示されるとのこと。

Facebookページを運営しているウェブサイトはコンテンツの内容によって影響を受ける可能性があると指摘。人にシェアされたりコメントされることが多いページはそれほど影響を受けないかもしれないが、そうではない場合はリーチが減る可能性があると解説している。

ニュースフィードにおける「コア・バリュー」

それでは以下にFacebookが発表したニュースフィードにおけるコア・バリューを紹介する。

コア・バリュー:友人や家族が最優先

今回変更されたアルゴリズムからも分かる通り、Facebookのニュースフィードにおいて最も優先的に表示されるべき内容は友人や家族の投稿としている。「いいね」する写真を投稿している人やその頻度などから誰の投稿を優先的に表示するべきか判断しているのだという。

友人や家族による投稿の次に表示されるのは2種類ある。1つは「情報を提供する投稿」。もう1つは「楽しませる投稿」。いずれの場合もニュースフィードの上位に表示される可能性が高まる。

コア・バリュー:アイディアのプラットフォーム

一時期Facebookはニュースフィードに表示される内容を意図的に操作していたという疑いがかけられていたが、Facebookは議論を生むような、人を引き付ける投稿を重要視していることを強調。特定のトピックを優遇することはないが、そのような投稿はビジネスの観点からも良いそうだ。

コア・バリュー:真実を重要視

Facebookは事実に基づいた投稿を優先的に表示している。これは多くの人が真実を語る投稿を好み、事実と異なる情報やスパム投稿を好まないという分析に基づき反映されている模様。

コア・バリュー:体験をコントロールできるようにすること

もちろん、ニュースフィードのアルゴリズムは完璧ではい。日々を過ごす中で投稿を非表示にしたくなる投稿も出てくるだろう。逆に、より優先的に見たいという投稿もあるだろう。

そのようなニーズに対応するために、Facebookは「アンフォロー」「非表示」「トップに表示」など手動で優先順位を調整デキる機能も用意している。

コア・バリュー:継続して改善すること

「僕らの仕事は1%しか完了していない」と公言するFacebook。極力オープンで在り続け、継続して改良を続けると締めくくっている。

詳しくは下記の公式見解をチェックするべし!