Facebook、Alexa内蔵のビデオコミュニケーション・デバイス「Portal/Portal+」を発表

Portal light a

Facebookは現地時間10月8日、ビデオコミュニケーション・デバイス「Portal」と「Portal+」発表した。

発表されたのは10インチ型ディスプレイ(1,280 x 800)を搭載した「Portal」と、縦向き・横向きにピボットする15インチ型ディスプレイ(1,920 x 1,080)を搭載した上位モデル「Portal+」の2種類。

Portal light duo
左が「Portal」、右が「Portal+」

いずれも米国内で発売。「Portal」は199ドル、「Portal+」は349ドル。

Amazon Alexaも内蔵、「Hey Portal」でビデオコール開始

「Portal」と「Portal+」はビデオコールに特化したコミュニケーション・デバイス。「スマートカメラ」と「スマートサウンド」と呼んでいるAI技術を活かし、ハンズフリーで通話を可能にするという。

「スマートカメラ」はビデオコール中に人が画面内に収まるように自動的に画角の調整をしてくれる。「スマートサウンド」はバックグラウンドノイズを最小限に抑え、話している人の声を聞き取りやすくするという。

Facebookメッセンジャーとも通話可能となっているため、相手が「Portal」を持っていなくても利用可能。最大7人同時に会話することができる。

ビデオコールを開始するためには「Hey Portal」と呼びかける。「Portal」シリーズにはAmazon Alexaも内蔵され、スマートスピーカーとしても利用可能。

セキュリティ面に関しては、ワンタップでカメラやマイクを無効化することができ、カメラを覆うカバーも同梱されている。Facebookは「Portal」の会話内容を保存せず、利用するAI技術はサーバー上ではなくローカルで動作するものだという。

Facebookは約5,000万人のアカウント情報が流出したばかり。「サードパーティアプリへのアクセスは認められなかった」と報告しているものの、2段階認証で登録した電話番号を勝手に広告で使用していることが発覚し、Instagramでは位置情報をFacebookに共有する機能をテスト中とされていることから、僕だったら「Portal」を買うという選択肢は無いだろう。