Facebook Messenger、「リアルタイム位置情報」機能をリリース

Livelocation newsroom

「Facebook Messenger」アプリの最新バージョンでは「リアルタイム位置情報」機能が提供開始されている。

これは最大60分間、共有した相手に対して自分の位置情報をリアルタイムで最大60分間公開できる機能。誰かと待ち合わせている時にお互いの現在地を知りたい時に地図上でお互いの現在位置が一目で分かるため、役に立つかもしれない。

特定の場所にピンを落として共有することも可能

現在位置以外にも特定の場所を共有することができる。これは自分の現在位置周辺にある特定の場所で集合したい時に役に立つ。「リアルタイム位置情報」の共有画面に表示される、右上の赤いピンをタップすると周辺のスポットが表示される。タップすればピンが落とされ、相手に共有される仕組み。

Live Location in Messenger

Facebookさんの投稿 2017年3月26日

待ち合わせをする際に大いに役立つ位置情報の共有。リアルタイムで共有できることによって「そっち違う」「そこ右じゃない、左」などメッセでやり取りをしながら各々が目的地に集合することができそうだ。

ただし、歩きスマホには気をつけましょうね!