Google Chrome拡張機能「OneTab」を使うと重くなったブラウザを一瞬で軽くしてくれる!

OneTab for Google Chrome
僕のメインブラウザはGoogle Chrome。一時期Safariに乗り換えようとしてみたものの、タブを複数開くと一瞬にして重くなってしまうブラウザに用は無かった。「OS X Mavericks」で改善されることを切に願う。

Google Chromeの気に入っている理由は大量にタブを開いてもそれなりに踏ん張れるから。それでもタブ開き続けた結果動作が極端に重くなったとしても、拡張機能「OneTab」を使えば一瞬で開放される。

動作が不安定になったGoogle Chromeをワンクリックで快適な状態に戻してくれる、最近重宝している拡張機能「OneTab」を紹介しておく!

メモリを開放してくれる他、開いていたタブを一覧でまとめてくれる

僕は知らないうちにタブの文字が読めないほどタブを開いていることがある。開きすぎたタブを1ページにまとめてメモリ消費を下げてくれるChrome拡張機能「OneTab」のダウンロードは以下からどうぞ!

Chrome Web Store – OneTab


実はこのChrome拡張機能、少し前に多くのブログやメディアで話題になっていた。


「OneTab」で開いているタブをまとめるとこのように1ページにまとまる。この一覧性の良さも便利ではあるが、最大の魅力はメモリの開放
Onetab Goggle Chrome
これが「OneTab」使用前の状態。
Onetab Goggle Chrome
これがその後。見るからにメモリが開放されている!Chromeの動作も以前と比べて圧倒的に快適になっている。
Onetab Goggle Chrome
これほど便利な拡張機能をインストールしない手はない!Flashなどの重めのコンテンツを開いているとメモリをより開放することができるので、YouTubeをよく見る人は入れておくべし!

ダウンロードはこちらからどうぞ

「Tabman Tabs Manager」はChromeで開いているタブを縦並びに表示できる、なかなか使える拡張機能 | gori.me

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!