Google Chromeが快適になる、おすすめの拡張機能まとめ

ブラウジングに欠かせないエクステンションの存在こそがChromeから離れられない最大の理由

Google Chrome Extensions

僕はメインブラウザとしてGoogle Chromeを使用している。その理由は拡張機能の豊富さ。SafariのほうがMacとの相性がよく、電池消費も抑えられ、ページ表示が高速であることは把握しているが、移行できないのは日々のブラウジングに欠かせない拡張機能があるから。

使用しているChrome拡張機能(エクステンション)を、ブラウジング効率化、仕事効率化、タブ管理・拡張機能の管理に分類して紹介する。Chromeの使い勝手を向上したい人は参考にしてもらいたい。

ブラウジングを効率化する拡張機能

1Password

パスワード管理ツール。クレジットカード情報なども登録しておくことができ、複数のサービスに異なるパスワードを設定する上で欠かせない。Macだけではなく、iPhoneやiPadでも利用できる。

AutoPagerize

次のページを自動的に読み込む拡張機能。一部ページは読み込んだページの表示が崩れる場合もあるが、基本的には非常に快適。

SiteLauncher

指定したサイトをキーボードショートカットで開く拡張機能。ゴリミー、ゴリミーの管理画面、各種広告の管理画面、Twiter、Facebook、Amazonなど、頻繁にブラウザで開くページを瞬時に表示できる。

Embark – New Tab Page

Chromeで新しいタブを開く度に、シンプルなデジタル時計が美しい風景の上に重ねて表示する拡張機能。ブラウジングを効率化するわけではないが、新しいタブを開くたびに美しい景色が表示されるのは精神衛生上良い。

Keepa – Amazon Price Tracker

Amazonで販売している商品の価格変動を管理する拡張機能。商品ページに、Amazon直販、マーケットプレイス、売れ筋ランキング、定価、タイムセールなどの情報が表示される。

仕事に役立つ拡張機能

Buffer

特定の時間帯にSNSのへ予約投稿できる拡張機能。複数のサービスに対し投稿時間を個別に指定できるほか、クリック数なども測定できる。

Create Link

ページ上にある文字列を囲ったリンクコードを生成できるツール。記事の執筆時に多用する。

NoFollow

ページ上にある「rel=”nofollow”」や「rel=”noindex”」を確認できる拡張機能。自サイトだけではなく他サイトも確認できる。

Save to Pocket

「後で読む」サービスのPocketに、表示中のページを送る拡張機能。ワンクリックで保存できる。

HTML5 Outliner

HTML5文書のアウトラインを簡単に確認できる拡張機能。特にサイトのリニューアルを行った際に活用した。

BuzzSumo

ページ単位で、ソーシャルメディアでの拡散状況を調査できる拡張機能。Facebook、Twitter、Pinterest、Redditなどでの反応数が確認でき、リンク数も確認できる。

タブ、拡張機能を管理する拡張機能

Extensity

拡張機能を1クリックでオン・オフできるChrome拡張機能。インストールしておきたいが普段は不要、という拡張機能をワンクリックで無効化できる。

The Great Suspender

使用していないタブを自動的に休止し、メモリ消費を防ぐ拡張機能。手動で特定のタブを休止、特定のタブを休止対象外にするなどの設が用意されている。

OneTab

開かれている複数のタブを1つのタブにまとめてくれる拡張機能。タブをテキストリンク化してくれるため、使用メモリを大幅に抑えることができる。

タブごとにグルーピングもできるため、必要に応じてタブグループをブラウザに展開し、再度「OneTab」に戻す。別のタブグループを開く、という使い方ができる。グルーピングしたタブの共有も可能だ。

関連キーワード
公開情報
更新日2020年08月03日
コメント(17件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:617356)

    有害な(言い過ぎ?笑)広告が多くなれば自衛のためブロックするユーザーも同時に増えるのは仕方のないことだと思います。
    より良いコンテンツや広告が増えればブロックするユーザーも増えませんし、Chromeに「煩わしい広告や誤解を招く広告が表示されるサイトで広告をブロックする」がデフォで有効なのはいいコンテンツ・広告→いいUX→収益という循環を生み出すための施策なのかなーと思いました🤔

  2. 通りすがりの読者(コメントID:617349)

    gori.meはAppleユーザーにとってただただ有益なサイトですよ
    それだけは間違いない

  3. g.O.R.i(コメントID:617348)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:617343)
    サイトを運営する人は勝手に公開していて、見ている人は勝手に閲覧しているだけで、何の契約をしている訳でもない。互いに何の責任もなく、互いに利用?共存?しているだけ。 広告をブロックしただけで万引き犯呼ばわりするのは言い過ぎかと感じるけど、それも勝手に言っているだけなので適当にスルーするなり大人の対応を。 クロスサイトトラッキングは流石にやり過ぎで、それを防げば不快な広告が減って、広告をブロックする人も減るかもしれない。法律で解決されるのではなく、やり過ぎれば反発を生み、何となく落ち着くところに落ち着いていくのだと思う。 個人的にはgori.meに掲載される広告は、サイトの内容に関係する広告であって欲しい。

    そろそろ僕の出番ですかね!まずコメントの公開ですが、基本的に目を通した上で公開していますが、基本的に検閲はしたくないというか、いちいち管理人が関与するコメント欄もどうかなって思うので、よほど酷いコメントでなければ非公開にしません。あと明らかな誤字脱字があればたまに修正しますw みなさんがいつも優しく誤字脱字を教えてくださるので、ちょっとしたPay Forwardということでw

    さて、万引きの発言はもしかしたら行き過ぎたのかもしれないですが、でもそのように感じる人がいるというのも事実です。

    すべて有料化すればいいっていう意見もこの手の議論によく登場しますが、ネットメディアがいかに軽く見られているかを象徴するかのような発言ですね。でも本当によくある意見です。お金を払うに値する基準、というのは人によって様々ということもあり、言うのは簡単、実現するのは困難だったりします。

    ちなみにゴリミーは有料化するようなコンテンツを出していると思っていないので、広告という存在はありがたいです。僕も不快な広告は淘汰されるべきだと思っていて、成果が出ているかわからないのですが、アドサーバーの管理画面でキーワードを禁止したり、企業をブロックしたり、ジャンルを排除したり、色々と試みています。単価が高いのでしょうけど、広告もサイトの一部。極力不愉快な広告は出ないようにしたいなと思っています。人気商品を格安で売っているように見せる詐欺サイトの広告も、どう頑張っても淘汰できないんですよね。でもGoogleとかのアド配信側がちゃんとしてないので、そのしわ寄せがサイト側に来ているんだと思いっています。しっかりしてくれ!

    というわけで、まだ議論されたい場合は続きをどうぞ!またしばらく見ています!議論に参加していただいた皆様、本当にありがとうございますー◎

  4. 通りすがりの読者(コメントID:617343)

    サイトを運営する人は勝手に公開していて、見ている人は勝手に閲覧しているだけで、何の契約をしている訳でもない。互いに何の責任もなく、互いに利用?共存?しているだけ。
    広告をブロックしただけで万引き犯呼ばわりするのは言い過ぎかと感じるけど、それも勝手に言っているだけなので適当にスルーするなり大人の対応を。

    クロスサイトトラッキングは流石にやり過ぎで、それを防げば不快な広告が減って、広告をブロックする人も減るかもしれない。法律で解決されるのではなく、やり過ぎれば反発を生み、何となく落ち着くところに落ち着いていくのだと思う。

    個人的にはgori.meに掲載される広告は、サイトの内容に関係する広告であって欲しい。

  5. 通りすがりの読者(コメントID:617341)

    アフィカスwww

  6. 通りすがりの読者(コメントID:617334)

    開き直る万引き犯みたいなの相手にした僕がダメでした
    荒れる原因になるかもしれないのでコメント削除しちゃっても構いません

  7. 通りすがりの読者(コメントID:617320)

    そもそもChromeには、「煩わしい広告や誤解を招く広告が表示されるサイトで広告をブロックする」という機能が「デフォルトで有効」になっていますが、Googleに「商品を勝手に持っていくのと同じだ!」と文句言いますか?
    (さらに派生版のChromiumベースブラウザは、Chromeより強力なブロッカーが搭載しているものが多い)

    広告を主な収入源にしているGoogleでさえ、最近のユーザー体験を損なうような広告は許容できないと考えているという事ですよ。
    何事も限度というものがあるという事です。

  8. 通りすがりの読者(コメントID:617310)

    現状日本で広告ブロックの使用を禁止する法律はありません。いわゆる「同一性保持権」についても、「プログラムの著作物を電子計算機においてより効果的に利用し得るようにするために必要な改変」はその適用外とされています(著作権法第20条第2項第三号)。
    インターネットをどのように利用するかは個人の裁量の範囲内ですし、モラル等の観点から議論されることはあるにしても、少なくとも広告ブロックを使用したことそれ自体が罪に問われることはありません。

  9. 通りすがりの読者(コメントID:617309)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:617308)
    無料で見られたくないなら有料化すれば良いだけの話ですよ。価値があればお金払ってでも見たいですからね。アクセスフリーにしておいて広告ブロックが万引きだーってのは都合がよすぎですね。実際有料化で広告が付かない例は腐る程あるわけなので。

    いや広告見たくないならサイト見なければいいんじゃないですか?
    広告があるからアクセスフリーになってるんだし
    店先に置いてあるのが悪いって言って勝手に持っていくのと同じですよ
    というかなんでそんなに開き直れるんですか?

  10. 通りすがりの読者(コメントID:617308)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:617205)
    それですよね 広告収入で運営してるのに広告ブロックって万引きや漫画村とやってること同じだと思います

    無料で見られたくないなら有料化すれば良いだけの話ですよ。価値があればお金払ってでも見たいですからね。アクセスフリーにしておいて広告ブロックが万引きだーってのは都合がよすぎですね。実際有料化で広告が付かない例は腐る程あるわけなので。

  11. g.O.R.i(コメントID:617222)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:617221)
    広告は当然あってもいいと思いますが、グロ画像のような汚い歯の裏や 病気の部位表示など、あまりいい気分はしないです。最近はインパクト狙いの グロ画像広告が多過ぎます。

    グロ画像系の広告、本当にうんざりしますよね……あれなんで配信側で制御してくれないんだろう……というかあれがなんで審査通過するのか理解できない……(まあ成果出るからなんでしょうけど……成果出るんかいなあれで……)

  12. 通りすがりの読者(コメントID:617221)

    広告は当然あってもいいと思いますが、グロ画像のような汚い歯の裏や
    病気の部位表示など、あまりいい気分はしないです。最近はインパクト狙いの
    グロ画像広告が多過ぎます。

  13. 通りすがりの読者(コメントID:617212)

    広告自体は良いのですが、記事を読んでるのか広告なのか境目のわからない広告や、トリッキーな広告が増えたことで、広告ブロックアプリに需要が生まれたんでしょうね。

  14. 通りすがりの読者(コメントID:617205)
    コメント先:g.O.R.i(コメントID:585425)
    僕はそもそも広告の仕組みこそが多くのインターネット上のコンテンツを支えていると思っているので、特にブロックするつもりもありませんし、あえて推奨することもしませんが、導入したいのであればご自由にどうぞ。

    それですよね
    広告収入で運営してるのに広告ブロックって万引きや漫画村とやってること同じだと思います

  15. 通りすがりの読者(コメントID:617185)
    コメント先:匿名(コメントID:585417)
    AdBlockも優秀な機能ですよ! 鬱陶しい広告が出てこないので画面がスッキリします!

    年々目障りな広告が増えていてwebページが見にくくしょうがなかったので、adblockを使ってみましたが劇的に改善されました!ありがとうございます。

  16. g.O.R.i(コメントID:585425)
    コメント先:匿名(コメントID:585417)
    AdBlockも優秀な機能ですよ! 鬱陶しい広告が出てこないので画面がスッキリします!

    僕はそもそも広告の仕組みこそが多くのインターネット上のコンテンツを支えていると思っているので、特にブロックするつもりもありませんし、あえて推奨することもしませんが、導入したいのであればご自由にどうぞ。

  17. 匿名(コメントID:585417)

    AdBlockも優秀な機能ですよ!
    鬱陶しい広告が出てこないので画面がスッキリします!

「Google Chrome」新着記事
トレンド検索