Google Chromeなら「1Password」をキーボードショートカットで呼び出してIDやパスワードを爆速入力できる!

Login using 1password

今年の4月頃に「1Password」が半額セールを実施した。個人的に必ずMacにインストールするアプリの1つなので多くの人にオススメしたが、何が便利なのか分からないという人が意外と多い印象を受けた。

僕は毎日「1Password」を使っているのでないと作業効率が下がると明言できるほど依存しているのだが、これほど便利に使えるにはGoogle Chromeにとある設定をしているからだということに気が付いた!だから快適に利用できているのかもしれない!

せっかく「1Password」を買ったのに活用していないのは勿体無い!本記事ではGoogle Chromeで「1Password」をキーボードショートカットで呼び出してIDやパスワードを爆速入力できるようにする方法を紹介する!

1Passwordがキーボードショートカットで呼び出せると超便利

大前提として、Google Chromeにパスワードをすべて保存している、と言う人はこの記事を読んでも役に立たない。僕自身も物によってはGoogle Chromeにユーザー名とパスワードを保存し自動保管されるようにしているが、gori.meの管理画面などセキュリティ面のおいて慎重でありたいページにおいては「1Password」のみに保管するようにしている。

さて、Google Chromeには拡張機能に好みのキーボードショートカットを割り当てる方法があることを知っているだろうか。今回はこの機能を利用して「1Password」を簡単に呼び出せるようにする。

知らないという人は以下の記事を読んで頂いてからこちらの記事に戻ってきてもらえるとスムーズに設定を進めることができる。

意外と知られていない?Chromeの拡張機能に割り当てられているキーボードショートカットを変更する方法

Google Chrome内で拡張機能にキーボードショートカットを設定する方法が分かれば後は「1Password」用に好きなキーボードショートカットを設定するのみ。僕は以下の通り「Control + p」に設定している。

1password chrome extensions

実はこれで設定は終了だ。「1Password」にユーザー名やパスワードを保存していれば、「Control + p」で必要な情報を呼び出し、入力保管してそのままログインすることができるのだ!例えば、gori.meの管理画面にアクセスした場合は、マスターパスワードさえ覚えていればこのように簡単にユーザー名とパスワードを入力することができる。

Login using 1password

様々なIDとパスワードを利用する人であれば管理はとにかく大変。やってはいけないと分かっていてもパスワードが似たり寄ったりになってしまい、セキュリティの観点から自らを危険な状況に置くことになる。

1Password」さえあれば各ページごとに異なるパスワードを設定しても忘れることもなく、このように入力することも手間がなく簡単。強固なパスワードが考えられないようであれば、「1Password」が代わりにランダムな英数字記号を利用した意味不明なパスワードを発行してくれる。

ユーザー名とパスワードは安全でセキュリティ性の高いものに。そして今回紹介した方法で快適かつ安全にブラウジングしましょう!