OneTab:開いたタブをまとめ、ブラウザを軽くするChrome拡張機能

大量にタブを開いてしまう習慣がある人は、うまく活用すればメモリ不足を避けられる可能性

OneTab for Google Chrome

Google Chromeの気に入っている理由は、大量にタブを開いても(メモリを大量に消費しつつ)踏ん張れるから。結果的に動作が重くなったとしても、拡張機能「OneTab」を使えば一瞬で開放される。

OneTab」は、動作が不安定になったGoogle Chromeをワンクリックで快適な状態に戻してくれる、最近重宝している拡張機能だ。

メモリを開放してくれる他、開いていたタブを一覧でまとめてくれる

「OneTab」は、開いているタブを1枚のページにまとめてくれる。タブごとにグルーピングもできるため、必要に応じてタブグループをブラウザに展開し、再度「OneTab」に戻す。別のタブグループを開く、という使い方ができる。グルーピングしたタブの共有もできる。
Onetab Goggle Chrome

一覧性の高さも便利だが、最大の魅力はメモリの解放。メモリ管理ツールで動作確認する。以下が「OneTab」使用前。
Onetab Goggle Chrome

「OneTab」でタブをまとめた後の状態が以下。メモリが劇的に解放され、Chromeの動作も快適になった。
Onetab Goggle Chrome

残念ながらメモリを解放されるのは一時的。その後使用を続ければ再度メモリの使用率は上がってしまうが、一時的な対処法としては有効。

関連情報
カテゴリGoogle Chrome
更新日2020年07月29日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Google Chrome」新着記事
トレンド検索