Google 、Firefoxのデフォルト検索エンジンに返り咲く

Firefox Quantum

米国において、Firefoxのデフォルト検索エンジンがGoogleからYahooに変更されたのは2014年11月のこと。

TechCrunchによると、FirefoxはYahooとの契約を早期終了し、再度、Googleをデフォルトの検索エンジンに変更したと報じている。

本来、FirefoxはYahooとは5年契約を結んでいたとされるが、「ブランドにとってベストの選択をし、クオリティの高いウェブ検索を提供し、ユーザーより幅広いコンテンツを入手できるようにする」とMozillaの最高業務責任者兼最高法務責任者を務めるDenelle Dixon氏はコメントしている。

この契約変更により、米国、カナダ、香港、台湾ではFirefoxのデフォルト検索エンジンはGoogleに変更された。Mozillaは今月14日に最新バージョン「Firefox Quantum」をリリースしている。

もっと読むFirefoxまとめ
Apple新学期を始めようキャンペーン