Gmailユーザーの90%は二段階認証を使っていないことが判明

Gmail on MacBook pro

Gmailユーザーの90%は2段階認証を使っていない、とGoogleのソフトウェアエンジニアGrzegorz Milka氏が明らかにした。

The Registerによると、Gmailが二段階認証をユーザーに強制しないのはユーザービリティが理由だと説明。強制した場合、多くのユーザーがサービスを離れるリスクがあるようだ。

二段階認証とは?

二段階認証とは、通常の認証にもう一段階の認証を加えることによってセキュリティを高める仕組み

初期設定時に登録したユーザー名とパスワードに加え、テキストメッセージや電話、アプリを経由して追加で送られてくる認証コードを入力して初めてログインできる、というもの。

二段階ある上にユーザー名とパスワードの後に入力するコードは毎回ランダムかつ時間制限付きとなっているため、セキュリティがより強固になる。悪意のある第三者による不正ログインを防ぐことができるようになるが、毎回コードを発行する必要があるため、手間が掛かるのは事実。

個人的にはアプリを使用する方法が一番オススメ。設定方法はこちらのサポートページからどうぞ!

(via The Verge

あわせて読みたい