過去10年のIntel製チップに重大な設計ミスが発覚ーー修正後、性能が低下する恐れ

Intel製チップにおいて重大な設計ミスが判明した。Windows、Linux、macOSを含む、同社のチップを搭載する過去10年のコンピューターはすべて対象となっていて、OSそのものの修正対応が必要となる。

Linux/Windowsは性能が最大30%も低下する可能性

The Registerによると、Intel x86のハードウェアに関する欠陥となっていて、悪用した場合、カーネルメモリに保存されているパスワードやログインキーなど、様々な機密情報を入手できてしまう可能性があるとのこと。

この不具合を修正するためにはKernel Page Table Isolation(KPTI)を使用しているプロセスをカーネルメモリから隔離させる必要があるが、そレに伴い、マシーンパフォーマンスを低下させる恐れがあるとのこと。

The Registerによると、LinuxおよびWindowsが動作するコンピューターは最低でも5%、最大30%も性能が落ちてしまう可能性があると指摘している。

Macへの影響は現時点では明らかになっていないが、性能の低下が全くないことは考えづらいだろう。既にLinuxやWindows向けのアップデートが着手・配布されていることから、AppleもmacOS向けのアップデートを準備していると見られる。

追記】Appleは同問題を「macOS High Sierra 10.13.2」で修正済みであることが判明した。Macのパフォーマンスへの影響など、詳細は下記からどうぞ。

(via MacRumors