Googleの短縮URLサービス「Google URL Shortener」、終了へ

Google URL Shortener

Googleは米国時間3月30日、Googleの短縮URLサービス「Google URL Shortener」を終了することを発表した。

同サービスに通常のURLを入力すると、「goo.gl」で始まる短縮URLが生成される。今後数週間で開発を終了するとのこと。

既存ユーザーBitlyやOw.lyへの移行を推奨

iOS、Android、ウェブアプリ内などで利用するための代用サービスとして「Firebase Dynamic Links」の使用を案内しているが、一般ユーザーには「Bitly」や「Ow.ly」への移行を推奨している。

FDL

2018年4月13日以降、同サービスを使用したことがないユーザーおよび匿名ユーザーはURLの短縮ができなくなる。

これまで短縮されたURLに関しては、2019年3月30日まで短縮したURLの管理など「Google URL Shortener」の各種サービスは利用可能に。

2019年3月30日以降、これまで短縮されたURLは引き続き元のURLにリダイレクトされ続けるが、各種サービスは利用できなくなる。「Firebase Dynamic Links」へ自動移行はされず、自分自身で「Google URL Shortener」からURL情報をエクスポートする必要があるとのこと。

元からBitlyを意識的に使っていたつもりだった僕は「そんなにGoogleのURL短縮サービスを使っている人はいるのか?」と思っていたが、調べてみたところ、意外と過去に使っていたことが発覚。WordPressで「WP to Twitter」などを使っている人は選択肢として「Google URL Shortener」もあるため、念のために使用状況を確認してみるべし。