Pixel 4aはGoogleスマホ初のパンチホールディスプレイを搭載か

最新のレンダリングが公開、Pixel 4のデザインを踏襲しつつカメラ性能や生体認証は価格を抑えた状態に

Google Pixel 4a 5K render 3

「Pixel 4a」のレンダリング画像が公開された。「Pixel 3a」の後継モデルであり、「Pixel 4」の廉価モデルと位置づけられ、2020年前半までに正式発表されると噂されている。

公開したのは91mobiles.com。著名リーカーOnLeaks氏の情報提供により、これまで明らかになっていなかったGoogleの次期スマートフォンの具体的なデザインや仕様が明らかになった。

Pixel 4aのデザインが判明、指紋センサーやヘッドホン端子が継続

「Pixel 4a」の画面上部には「Pixel 4」のようなベゼルではなく、左上にパンチホール穴が空いた5.7〜5.8インチのフラットディスプレイ(=端が局面になっていない)を搭載する見通し。パンチホールディスプレイの採用は、Pixelスマートフォンとして初めてとなる。

「Pixel 3a」の5.6インチディスプレイと比較してわずかに大型化するが、画面周りのベゼルは薄型化すると見られている。「Pixel 4」に採用されている、ハンドジェスチャーなどが可能なSoliレーダーが採用されるかどうかは分かっていない。

Google Pixel 4a 5K render 1

本体の右側には特徴である塗られた電源ボタン、その下には音量ボタン。本体上部には3.5mmヘッドホン端子、本体下部にはUSB-C端子を中心に左右にスピーカーグリルが設置されている。

背面には「Pixel 4」のようなカメラユニットが設置されているが、レンズは1つ。画素数は1,220万画素になると見られている。カメラレンズの対角線上にはLEDフラッシュが設置されていることが確認でき、背面の指紋センサーは引き継がれているようだ。

Google Pixel 4a 5K render 2

内部スペックはまだ確固たる情報はないが、最小構成でも64GBのストレージと4GBのRAMが搭載されると見られ、CPUは「Snapdragon 730」または「Snapdragon 765」の採用が有力視されている。

「Pixel 4a」は「Pixel 4a XL」と同時に「Google I/O 2020」で披露される見通し。5G通信に対応するかどうかは分かっていない。

関連情報
公開日2019年12月29日
更新日2020年05月01日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Pixelニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索