【ひどい】チェックインアプリ「Swarm」の提示する位置情報が適当すぎると僕の中で話題に!

Swarm app misbehaving
自分の現在地を友人に知らせるため、そして自分がその日の行った場所を自動的に記録してくれるライフログとして活用しているFoursquare。最近は「Swarm」と「Foursquare」という2つのアプリに分割され、チェックインは基本的に「Swarm」で行う。


本日、「Swarm」でチェックインをしようとしたところ、「Swarm」アプリに提示された現在地の候補があまりにも雑すぎて思わずスクリーンショットを撮ってしまったので紹介する。

いくら何でも「現在地:日本」は雑すぎませんか?!

僕が「Swarm」アプリを立ち上げたのは大学時代所属していたアカペラサークルの後輩を指導するために湘南台駅に向かっていた時。田園都市線の中央林間駅で乗り換えた際にチェックインを試みたところ、あまりにも雑すぎる現在地の予測表示に笑ってしまった。
Swarm app misbehaving
現在地:日本。今時の小学生が相手ならば小馬鹿にされてもおかしくないような位置情報だ。「日本」て!ここまで来ると逆に最低限日本国内にいることを認識してもらえてありがたい。

念のため、「Nexus 5」の位置情報取得が正常に行われていないのかと思い、Googleマップを開いてみたところ、現在地をドンピシャで表示してくれている。
Swarm app misbehaving
さすがにいくら何でも精度が低すぎるので「Swarm」アプリにチャンスを与えようと思い、再度チャレンジ!すると「やまと」と予想。間違ってはいないが、やはり広いな…。
Swarm app misbehaving
ハッキリ言うと、「Swarm」アプリのクオリティは驚くほど低い。文字入力をしている時にバックスペースを押すと入力した内容がすべて消える。日本語で文字入力をしていると「チェックイン」ボタンがキーボードに重なってチェックインボタンがタップできない。さらに、機能でアプリを分離したことによってバッジやポイントの概念もなくなりゲーム性が失われ、単なる位置情報を共有するつまらないアプリに成り下がった。これまで「Foursquare」を使ってきたので「Swarm」になった今も仕方なく使い続けているが、機能をチェックインに絞ったからには位置情報の取得含め多数の不具合をなるべく早く直してもらいたい。

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!