「iMac Pro 2017」と「Mac Pro 2013」で写真編集を比較した動画

MacPro2013 vs iMacPro2017 Adobe Comparison 09

iMac Pro」と「Mac Pro」の基本性能は大きく差があることは分かったが、実作業で比較するとどの程度の差があるのか。

AppleInsideriMac Pro 2017」のベースモデルと「Mac Pro 2013」で「Adobe Lightroom」および「Adobe Photoshop」による写真編集性能を比較した動画を公開していたので、紹介する!

出力時間などは短縮されるが、操作性の違いはわずか

まずは「Adobe Lightroom」を使用した、4,200万画素のRAW画像を50枚同時に開いたときに掛かる時間。「iMac Pro」は7秒、Mac Pro」は12秒という結果に。それらの画像にシャープを掛け、JPG画像として出力するのに掛かった時間は「iMac Pro」が1分8秒、「Mac Pro」が1分31秒だった。

MacPro2013 vs iMacPro2017 Adobe Comparison 05

続いて、同じ50枚のRAW画像をDNGファイルに変換するのに掛かる時間を測定。「iMac Pro」は58秒、「Mac Pro」は1分7秒だった。

Adobe Lightroom」においては、「iMac Pro」の方が写真のズームやノイズ軽減わずかに動作が滑らかだったと説明している。また、他の機種でも見られる動作のラグは「iMac Pro」でも見られるとのこと。

Adobe Photoshop」では、4,200万画素のRAW画像を9枚組み合わせてHDR画像を制作する、という工程をテスト。開くのに掛かったら時間は「iMac Pro」の方が「Mac Pro」より7秒早かったが、HDR化に掛かった時間は「Mac Pro」よりも38秒も長くかかったことが判明。

ISO12800で撮影された4,200万画素のRAW画像にノイズ軽減をした場合、処理にかかった時間は「iMac Pro」だと8秒、「Mac Pro」だと12.5秒だった。

MacPro2013 vs iMacPro2017 Adobe Comparison 10

これらのことから、一部「Mac Pro」の方が勝るケースも見受けられつつも、「iMac Pro」は写真の現像や編集においても4年前の「Mac Pro」より処理時間を短縮できると考えられる。

以下、どうぞご覧あれ!

もっと読むiMacまとめ
もっと読むMac Proまとめ