iPad(第4世代)とMac mini(2012)、オブソリート製品に追加

2012年10月に発表された両製品、サポート終了

Ipad4 official image

Appleは11月1日、サポートページ「Obtaining service for your Apple product after an expired warranty」を更新。iPad(第4世代)とMac mini (2012)を「オブソリート製品」として認定した。

Appleは5〜7年スパンで定期的にサポート終了製品として「ビンテージ製品とオブソリート製品」に指定している。サポートが終了した製品は公式ページから確認できる。

「Obsolete」ステータスが付いた場合、直営店だけではなくApple公認サービスプロバイダでも各種サービスを受けることができなくなってしまうため、対象商品を保有している人は注意が必要だ。

iPad(第4世代)は2012年10月に発売。初代iPad miniと同じイベントで、初のLightningコネクタ搭載iPadとして発表された。9.7インチディスプレイを追う妻子、A6Xチップを内蔵。出荷時のOSはiOS 6だった。

Mac mini(2012)も、2012年10月に発売。プロセッサはIvy BridgeのIntel Core i5/i7、2コアまたは4コアモデルが用意されていた。ストレージは500GBまたは1TBのHDDがデフォルトで、オプションで256GBのSSDまたは1TBのFusion Driveが選べた。

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPad」新着記事
トレンド検索