「iMac Pro 2017」と「Mac Pro 2013」の基本性能を比較した動画

Imacpro vs macpro2013 6

史上最強のMacとして4年間君臨していた「Mac Pro」に代わるプロマシーンとして「iMac Pro」が登場した。最下位モデルでも55万円以上もするが、その性能は「Mac Pro」を上回るものなのだろうか。

AppleInsideriMac Pro 2017」と「Mac Pro 2013」を基本性能を比較した動画を公開していたので、紹介する!

スペックをできる限り揃えた状態で比較

今回の比較対象として使われているモデルはどちらも8コアのCPU、RAMは32GB、SSDは1TBを搭載している。「iMac Pro」は「AMD Vega 56」で8GB HBM2メモリを搭載し、「Mac Pro」は「AMD D700」のグラフィックカードを2基搭載している。

まず測定したのはSSDの読み書き速度。「iMac Pro」は書き込み速度が約3,000MB/s、読み込み速度が約2,500MB/sを記録したが、「Mac Pro」は書き込み速度が約1,300MB/s、読み込み速度が約1,360MB/sだった。

CPUの性能を比較する「Geekbench」ベンチマークテストによるシングルコアスコアでは「iMac Pro」が「Mac Pro」を35%も上回る結果になり、マルチコアスコアでも30%以上のスコアを記録。

3Dアニメーションを利用したCPUのベンチマークテスト「Cinebench R15」では、「iMac Pro」のピーク時におけるパワーは「Mac Pro」を50%以上上回っている。

Imacpro vs macpro2013 1

「OpenCL」のグラフィック性能比較では65%もの違いが確認されたが、「Mac Pro」に搭載されている2基のGPUのうち1基しか測定に使われていないため、実際はもう少しスコア差が縮むと考えられる。

ゲーミングなどGPUに対する最高負荷時のパフォーマンス性能を測定する「Unigine Heaven」のベンチマークテストでは、「iMac Pro」が73fpsを記録し、「Mac Pro」は29fpsに留まった。ただし、こちらも「Mac Pro」のGPUを片方しか使えていないため、2倍にはならないにしても、性能差は縮むと考えられる。

結論として、「iMac Pro」の基本性能は「Mac Pro」を大きく上回る、ということ。とにかくハイスペックなデスクトップ型Macが必要、という人は「iMac Pro」のベースモデルでも十分なパフォーマンスを体感できると考えられる。

動画は下記からどうぞ!

もっと読むiMacまとめ
もっと読むMac Proまとめ
Apple新学期を始めようキャンペーン