「iOS 10.3 Beta」、開発者向けにリリース!「Find My AirPods」機能搭載

本日、Appleは開発者向けに「iOS 10.3 Beta」を配信開始している。約1ヶ月前にリリースされた「iOS 10.2」以来のメジャーアップデートが数週間以内にリリースされる見通しとなっている。

「iOS 10.3 Beta」で発見された新機能・変更点のうち、最も注目すべきものはAirPodsを使っている人に向けた「Find My Airpods(AirPodsを探す)」機能の実装。他にも細々とした新機能や変更点もあるので、紹介しておく!

無くしたAirPodsを探し出す「Find My AirPods」機能

「Find My iPhone」に続き、「Find My AirPods」を提供開始するApple。以前、紛失したAirPodsを探すアプリを「コンセプトが気に入らないから」という理由でApp Storeから取り下げていたが、どうやら自分たちが同様の機能を近々リリース予定だったので”気に入らなかった”みたいだ。

「Find My AirPods」機能、とは言っても要は「Find My iPhone」アプリの中でAirPodsが検知可能になるということ。AirPodsをタップすると探し出すまで音を鳴らし続けることができる。

Findmyairpods
【image via MacRumors

興味深いのは音の出し方。2つのイヤピース同時に鳴らすことはもちろんできるが、片方のみを鳴らすことも可能。片耳を紛失した場合に紛失した方から音を鳴らし続け、手元にある方を耳に入れたままにすることもできる。

もちろん、AirPodsそのものにはGPS機能は搭載されていない。ペアリングされたiPhoneのGPS情報を利用し、AirPodsとiPhoneをペアリングした時のGPS情報が提示されるため「Find My AirPods」機能そのものの精度に対する過度な期待は禁物だが、部屋の中で見失った時に探す出すには便利かもしれない。

どちらかと言うと「Apple Watch」からペアリングしているiPhoneから音を鳴らす機能に近いかもしれない。実際、僕はあの機能を頻繁に使っている。

その他の「iOS 10.3 Beta」の新機能・変更点まとめ

他に「iOS 10.3 Beta」で発見された新機能・変更点は下記の通り:

アプリ立ち上げ時のアニメーションが変化

Appanimation 800x706
【image via MacRumors

立ち上げ途中のアプリが角丸になった模様。よくこれに気がついたな、と言わざるを得ない。

「設定」アプリの主役は自分自身に

Appleidsettings 800x708
【image via MacRumors

「設定」アプリの1番上に登録されているApple IDのアカウント情報がアクセスできるようになっている。タップすると番号やメールアドレス、支払情報の他、登録されているデバイスが一覧で表示される。

iCloudのストレージが分かりやすく

Icloudbreakdown
【image via MacRumors

前項で紹介したApple IDの中にある「iCloud」からはiCloudストレージのストレージ容量情報がmacOSのように表示される。

ファイルシステムを「Apple File System(APFS)」に切り替え

「Find My AirPods」の話題性にかき消されている感じがするが、むしろ「iOS 10.3」の最も大きいアップデート内容はファイスシステムが「APFS」に切り替わることではないだろうか。

新しいファイルシステムはSSD/フラッシュストレージに最適化され、暗号化を重要視。「Apple Watch」から「Mac Pro」までスケールすることが可能となっている。

詳細は下記記事をどうぞ!

その他細々とした新機能・変更点

  • SiriKitが支払い関係の操作に対応。支払いや支払いの状況確認が可能に
  • 「マップ」アプリの天気アイコンを「3D Touch」することによって1時間毎の天気予報が確認可能に。
  • CarPlay、最近使用したアプリを表示する機能が追加。
  • CarPlayの「マップ」、電気自動車用の充電スタンドの表示に対応。
  • Home Kit、プログラム設定可能なライトをサポート。
  • 「メール」アプリのスレッド表示におけるナビゲーションが改善。

もっと読むiOS 10まとめ