iPhoneのストレージ容量不足を解消する方法 「その他」の原因と対策も

アプリ、写真や動画のデータ、音楽、ポッドキャスト、メッセージ、そして謎の「その他」を削除する方法を解説

iPhoneのストレージ容量を圧迫している「その他」をガッツリ削除する方法

iPhoneで写真を撮ろうとしたら、「写真を撮影できません。写真を撮影するのに十分な空き領域がアリません」といった容量不足の警告が表示されたことはないだろうか。

iPhoneの容量不足は、数タップで少しは解消できる可能性がある。本記事ではiPhoneのストレージの容量不足を解消するために試すべき方法を紹介する!

iPhoneのストレージ使用量を確認する方法

iPhoneのストレージ容量と使用量は、以下の手順で確認できる。

「設定」アプリを攤き、「一般」をタップ。「情報」をタップするとiPhoneの名前、ソフトウェアバージョン、機種名、モデル番号などの情報が並び、そのもう少し下の方に「容量」と「使用可能」という2つの項目が用意されている。

「容量」はiPhoneの全体容量、「使用可能」はそのうちまだ使用できるストレージ容量。「使用可能」の数字が小さければ小さいほどストレージが圧迫されていることになり、端末内部のデータを整理した方が良い。

不要なアプリを削除する

最初に着手するべき対策は、不要アプリの削除。全く起動していない、使用頻度が低い、容量が大きい、などの条件に当てはまるアプリを削除する。

iPhoneが提案するストレージ節約方法に従う(iOS 11以降)

iOS 11以降、iPhoneはストレージの節約方法を提案してくれる機能が備わっている。

「設定」アプリの「一般」をタップし、「iPhoneストレージ」という項目をタップ。

「非使用のAppを取り除く」「古いチャットを自動削除」「大きい添付ファイルを再検討」から選び、実行する。
iPhoneのストレージを節約する方法

特に効果が見られるのは、「非使用のAppを取り除く」。僕の環境では、10.81GBものストレージ容量を節約できる。

個別アプリのデータ削除、ストレージ容量の節約

「iPhoneストレージ」内には、各アプリが占有しているストレージ容量および最後の使用時期が書かれている。例えば「DJI GO」アプリは、未使用であるのにも関わらず、容量は1GB。「Appのサイズ」として386.6MB、「書類とデータ」として610.4MBあることが判明。

「Appのサイズ」は、アプリのデータ容量。「書類とデータ」は、アプリ内に溜まったデータ容量を意味する。

選択肢としては「Appを取り除く」と「Appを削除」が用意される。

「Appを取り除く」は、「Appのサイズ」分(「DJI GO」アプリは386.6MB)は解放されるが、「書類とデータ」(「DJI GO」アプリは610.4MB)はアプリ内に保持される。アプリがApp Storeに残っている限り、再インストールすればすべてのデータはもとに戻り、アプリをこれまで通り使うことができる。

「Appを削除」は、「Appのサイズ」および「書類とデータ」がすべてiPhone上から削除される。

写真・動画を削除する

写真や動画は、iPhoneのストレージを圧迫しやすい。画像やスクリーンショットなども含め、不要なものは削除しよう。

iOS 8以降は、写真は完全に削除されるまで30日間の猶予がある点は注意が必要だ。削除した写真は、一時的にアルバム「最近削除した項目」に移動する仕様だ。

iPhoneのストレージを最適化

「写真」の設定で「iPhoneのストレージを最適化」が有効化されているか、確認しよう。

「iPhoneのストレージを最適化」は、iPhone本体の容量が不足すると、自動的にiPhone内のフル解像度の写真とビデオが最適化されたバージョンに置き換わる機能。フル解像度バージョンは、iCloudに保存される。

フォトストリームをオフにする

マイフォトストリームにアップロード」は、本体の容量を使用する。不要である場合は無効化をおすすめする。

マイフォトストリームは、自分自身が撮影した写真を一時的に(最大30日間または最大1,000枚)をサーバーにアップロードし、同一のアカウントを持つデバイス間で閲覧できるという仕組み。期間中は本体内にも同じ写真がマイフォトストリーム用として重複して保存される

iPhoneのストレージ容量を圧迫している余計なデータを削除する7つの方法

なおマイフォトストリームは、iCloudのストレージ容量に影響しない。

クラウドサービスへ写真や動画の”退避”

強引だが、写真と動画を別のサービスに移動し、本体から削除してしまうという手もある。

最も手頃なのは「Googleフォト」。iPhoneの写真アプリに保存された写真を次々とアップロードし、容量無制限で自動的にバックアップしてくれる。フル解像度ではないが、端末上で見る分には問題ない。

不要なデータを削除

聴いていない音楽の削除

Apple Musicで、オフラインでも視聴するためにダウンロードした楽曲は、容量を専有する。聴いていない楽曲やアルバムは、「マイミュージックから削除」で削除可能。

冒頭で紹介した「ストレージを管理」の「ミュージック」から、全曲一括削除も可能。アーティストごとに使用しているストレージ容量が確認できる。
iPhoneのストレージ容量を圧迫している余計なデータを削除する7つの方法

聴き終わったポッドキャストの削除

ポッドキャストのデータは、地味に容量が大きい。聴かなくなったチャンネルや過去の放送分は削除しよう。

Safariのブラウザデータ・キャッシュの削除

iPhoneのメンテナンスという意味でも実行しておきたいのがSafariのキャッシュクリア。消去は、Safariの「履歴とWebサイトデータを消去」から。

不要な「メッセージ」データの削除

過去に受信した「メッセージ」アプリのメッセージ削除で、容量が確保できる。この機会に「30日間」または「1年間」で自動的に古いメッセージから削除する設定しても良いかもしれない。

「その他」の削除:iTunesでバックアップを取り、復元する

iPhone単体で容量不足が解消できない場合は、MacまたはPCにiPhoneを接続する方法が有効だ。特にストレージの内訳として、「その他」が多い場合は効果が期待できる。

iPhoneのストレージ容量を圧迫している余計なデータを削除する7つの方法

7. iTunesでバックアップを取り、復元する(「その他」が削除される)

iPhoneのストレージにおける「その他」が占める割合が高い場合、「iTunesでバックアップを取り、復元する」方法を試してみよう。

iPhoneをコンピューターに接続し、コンピューターにバックアップを取る(iCloudではない)。「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れることで、ヘルスケアデータのバックアップやLINEのトーク内容などもしっかりとコンピューターに保存される。

今すぐバックアップ」をクリックし、iPhone内のデータがバックアップされていることを確認する。

iPhoneのストレージ容量を圧迫している余計なデータを削除する7つの方法

続いてiPhoneを一度リセットする。「設定」アプリの「一般 > リセット > すべてのコンテンツと設定を消去」をタップし、iPhoneを初期化。一旦iPhoneの中身を空っぽにするのだ。なおiPhoneは接続したままでも問題ない。

しばらくするとiTunesが起動し、「新しいiPhoneへようこそ」と表示される。自分のiPhone名と前回のバックアップ取得日時が明記された、「このバックアップから復元」を選択し、「続ける」をクリックする。
iPhoneのストレージ容量を圧迫している余計なデータを削除する7つの方法

僕が上記手順を行った結果、空き容量は84.74GB増えた。「その他」は大幅に減った。
iPhoneのストレージ容量を圧迫している余計なデータを削除する7つの方法

関連情報
更新日2020年06月08日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 西山花奈

    ∈(´_________________`)∋

「iPhoneの使い方・設定」新着記事
トレンド検索