パスコードを忘れたiPhone・iPad・iPodを初期化する方法

Forgot Passcode for iPhone iPad iPod 01

先日、親戚から「パスコードを忘れたのでロック解除して欲しい、データは不要」と言われて上記「iPod touch」を渡された。何回もトライした形跡がある。

設定されていれば10回目のパスコード入力失敗で強制的にデータが削除され、工場出荷状態になることもあるが、どうやらこの端末はされていなかったようだ。

iOSデバイスのパスコードを忘れた場合、まずは端末の初期化が必要となる。iCloud経由で初期化する方法もあるが、今回の場合、

  • パスコードのロックを解除したいデバイスのバックアップデータは手元にない
  • パスコードのロックを解除したいデバイスのデータは残さなくて良い(工場出荷状態にすればOK)

という条件だったため、手元にあるiTunesがインストールされている「MacBook Pro」を使い、本体をリカバリーモードに入れて初期化し、新しい端末として設定する方法を選んだ。

パスコードを忘れる人も少ないかと思うが、僕が実際に取った手順を残しておくためにも、本記事ではパスコードを忘れたiOSデバイス(iPhone・iPad・iPod)を初期化し、強制的にロックを解除する方法を解説する!

リカバリーモードでデバイスを消去し、パスコードを削除

手元のiOSデバイスがiTunesと同期したことがない場合や、iCloudで「iPhone を探す」を設定していない場合は、リカバリモードを使ってデバイスを復元する必要がある。

注意点として、この手法を取る場合、そのデバイスのパスコードは初期化されるが本体も初期化されるため、中身のデータはすべて消える

それを踏まえた上で、リカバリーモードに入れましょう。端末ごとにやり方が異なるので、その方法を下記に解説する。

デバイス リカバリーモードの入り方
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
  1. 音量を上げるボタンを押して、すぐに放す。
  2. 音量を下げるボタンを押して、すぐに放す。
  3. リカバリモードの画面が表示されるまでサイドボタンを押し続ける。
iPhone 7
iPhone 7 Plus
  1. サイドボタンと音量を下げるボタンを同時に押し、リカバリモードの画面が表示されるまで押し続ける。
iPhone 6s 以前
iPad
iPod touch
  1. ホームボタンと上部のボタン(またはサイドボタン)を同時に押し、リカバリモードの画面が表示されるまで押し続ける。

下記のような画面がiPhone、iPad、iPod touch上に表示されていれば、「リカバリーモード」になっている。

Ios11 iphone7 itunes recovery restore

アップデートまたは復元を必要としているiPhoneに問題があります」というポップアップが表示され、「アップデート」「復元」「キャンセル」という項目が表示されるので、「復元」をクリック。

iTunes上でそのデバイスにインストールするためのソフトウェアがダウンロードされるため、コンピューターはインターネットに接続している必要がある。回線が遅く、ソフトウェアのダウンロードに時間が掛かる場合、再度リカバリーモードに入る必要があるので注意を。

初期化後、バックアップあれば適用、なければ新端末に

今回、僕の場合はこれで「iPod touch」の初期化に成功。新しくパスコードを設定し、iCloudアカウントやiTunesアカウントを設定してもらい、無事使うことができるようになった。

復元後、バックアップデータが手元にあれば、バックアップデータを適用すればそれまでのデータを復元することが可能になるが、今回は一切データがなかったので、工場出荷状態の「iPod touch」とし設定を進めた。

今は2ファクタ認証が強制的に用意されているため、例えば自分のiPhoneで使用しているiCloudアカウントを「iPod touch」に入れた場合、iPhoneの方に自動的に別のデバイスが自分のiCloudアカウントで認証しようとしていることが通知される。


2ファクタ認証 ー Apple

許可すれば6桁の確認コードがiPhoneに表示されるので、その6桁の確認コードを「iPod touch」の方に入力すれば認証され、iPhoneと同じiCloudアカウントで「iPod touch」が使えるようになる。

万が一パスコードが分からなくなり困っている人がいれば、参考にどうぞ!

(via Apple サポート

あわせて読みたい