設定アプリ内で完結!iPhoneのストレージ容量を節約する方法

How To Free Up Sape on iPhone

iPhoneがストレージ容量不足に陥ると何かと不便だ。何せ、撮った写真や動画が保存できなくなり、使ってみたいアプリがダウンロードできなくなり、場合によってはメッセージの添付ファイルが受信できなくなる。

この問題を解消するためにgori.meではiPhoneのストレージ容量不足を解消する方法は解説しているが、AppleがiPhoneのストレージ容量を節約する方法を解説するサポート動画を公開していたので、参考に紹介する!

「iPhoneストレージ」からアプリの削除などを行う

この動画では、「設定」アプリの「一般」の中にある、「iPhoneストレージ」内で利用できるストレージ節約方法の使い方が解説されている。

使っていないアプリをまとめて削除する

How To Free Up Sape on iPhone 2

1つめのテクニックとして、「非使用のAppを取り除く」が紹介されている。

これは、iPhoneが自動的に「最近使われていないアプリ」「インストールされているだけであることが忘れ去られているアプリ」などをピックアップし、削除することを提案してくれる機能。

ダウンロードしてみたはいいものの、その後使っていないアプリは意外と多い。断捨離をスタートするには最適な機能なので、チェックしてみるべし!

個別アプリのデータを削除する

How To Free Up Sape on iPhone 3

2つめとして、個別アプリのデータを削除する方法が紹介されている。日本国内ではLINEを使用している人も多く、あまり使っていないかもしれないが、「メッセージ」アプリに溜まっているデータを削除することによってストレージ容量不足を解消できる可能性がある。

各メッセージごとに確認することができるので、「昔いっぱい会話してたけど、今はもう全然何しているのか分からん」という人とのメッセージは思い切って削除してもいいかもしれない。

「Appを取り除く」でアプリの容量を節約

How To Free Up Sape on iPhone 4

最後に、アプリ内のデータを保存しながらも、アプリそのものを一旦iPhone内から削除する方法が紹介されている。

これは個別アプリをタップすると表示される「Appを取り除く」から利用可能に。アプリを完全に削除した場合と異なりアプリのデータは残るため、再度アプリをインストールすれば元通りアプリを使うことができる。

一時的にストレージを節約する方法としては有効だが、いざアプリを使う時には再度アプリをダウンロードする必要があるため、注意が必要。

iPhoneがストレージ容量不足になったらお試しあれ

以上がAppleの提案する、iPhoneのストレージ容量を節約する方法。「iOS 11」から利用可能になっているストレージ節約機能を解説する内容となっているが、これらを行うだけでも十分なストレージ節約が可能になる。

万が一これらでもストレージ容量不足が解消できない場合、下記記事にまとめた「iPhoneのストレージ容量不足を解消する方法」を活用してみるべし!

あわせて読みたい