【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

Mac-Storage-Technique.jpg

数百GBあったはずのMacのストレージ容量が不足している最初からストレージ容量を大きくしていれば、と思っても後悔先に立たず。

新しいアプリもダウンロードできなければiPhoneのバックアップも取れない。せっかく気合い入れて撮影した写真や動画も容量不足と言われMacが受け付けてくれない。

仕方なくMacのストレージ状況を確認すると、正体不明の「その他」という項目がMacを圧迫していることに苛立ちを隠せない。そう、iPhoneの時と同じだ。

今回、色々と調べながら試した結果、46GBしかなかった空き容量を230GBまで増やすことに成功した!これでアプリも写真も動画もダウンロードし放題だ!iPhoneのバックアップもしっかりと取れる!

本記事ではMacの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法を紹介するので、困っている人は参考にどうぞ!

1. ゴミ箱を空にする

Delete-Trash.png

まずは最も基本的でありながら意外とスルーされがちな「ゴミ箱を空にする」を実行しましょう。ゴミ箱に入れただけで捨てた気になっている人、いるでしょう!

Dockからゴミ箱アイコンを右クリックし、「ゴミ箱を空にする」をクリックすれば完了。マウスを使わずにキーボードだけでクールにゴミ箱を空にしたい、という人は下記記事を参考にどうぞ。

▼ショートカット派の人はチェック

2. デスクトップを綺麗にする

clean-desktop.png

基本中の基本だが、デスクトップに「作業中のファイルだから」と自分に言い聞かせて大量のファイルを放置している人、いるでしょう。その「作業中のファイル」、もう必要ないのであれば捨てましょう!デスクトップもスッキリしてストレージ容量が確保できるだけではなく、Macの動作が少なからず快適になるはず。

▼Macの動作が重くて困っている人は参考にどうぞ

3. 不要なアプリケーション・ソフトウェアを削除する

delete-key-mac.JPG

Macのストレージ容量を確保するためにはとにかく要らないものを捨てることが基本。過去に一度の作業だけのためにダウンロードしたアプリももう二度と使わないのであれば消しましょう。アプリケーション一覧をチェックし、この先使う予定がないアプリはガツガツ削除しましょう。

アプリを削除したとしても、Mac App Storeでダウンロードしたものであればいつでもワンクリックで再度ダウンロードすることができる。ネット上からダウンロードしたものであれば今後必要となった時のために「メモ」アプリにダウンロード用URLをメモしておいても良いかもしれない。

なお、アプリを削除する場合は関連ファイルも含めて削除してくれるアプリ「AppCleaner」がオススメ。

▼基本中の基本!知らない人は覚えておくべし

4. 容量の大きいファイルを検索、不要なものを削除する

ここまでの操作は普段から意識するだけでも空き容量を確保することはできるはず。いわば基本中の基本だ。

ただ、この記事を検索しているということはストレージ容量余裕が全くないのではないだろうか。そう、まさに今の僕のように。

そこでここからはより大きいファイルをガツガツ削除する方法を紹介する!

4-1. Macのデータ容量を喰っている大きいファイルを検索する

ストレージ容量を手っ取り早く確保するためには容量を食っているファイルを片っ端から削除するのが懸命だ。そこで、Mac内部からデータ容量の大きいファイルを片っ端から検索し、不要なものをゴミ箱にホイホイ捨てましょう!

まずはFinderの新規ウィンドウを開き、「新規スマートフォルダ」を開く。
ファイルサイズが大きいファイルを検索し、捨てる方法

下記画面が表示されるため、右の方にある「+」ボタンをクリック。
ファイルサイズが大きいファイルを検索し、捨てる方法

補足: 検索対象について

注意事項として検索対象を「この Mac」にしておくと外部ストレージが接続されている場合はそれらも検索対象になってしまうということ。

外部ストレージに接続した状態でMac内部のドライブのみを検索対象にしたい場合は、Finderで「Macintosh HD(もしくは自分で設定した内部ドライブの名前」を選択した上で「新規スマートフォルダ」を開くことによって検索対象を内部ストレージに限定することができる。

今回の場合、僕は「Macintosh HD」を選択した状態で「新規スマートフォルダ」を作成していることがスクリーンショットからお分かり頂けるのではないだろうか。

以下のように検索内容を設定する内容が表示される。
ファイルサイズが大きいファイルを検索し、捨てる方法

ここで「種類」と書かれたプルダウンメニューを押し、「その他」を選択。
ファイルサイズが大きいファイルを検索し、捨てる方法

実はここで様々な検索対象を絞り込み検索することができるのだ。スマートフォルダ、超優秀!
ファイルサイズが大きいファイルを検索し、捨てる方法

今回はファイルサイズの大きいファイルを探したいので右上の検索ボックスに「サイズ」と検索し、「ファイルサイズ」という項目を指定しましょう!
ファイルサイズが大きいファイルを検索し、捨てる方法

以下のような画面になるのであとはファイルサイズが「KB/MB/GB」「である/より小さい/より大きい/ではない」を指定すれば勝手にファイルがドバドバと表示される。僕の場合はとりあえずファイルサイズが1GB以上のものを探し出してみた。
ファイルサイズが大きいファイルを検索し、捨てる方法

関連記事