動作が重いMacに快適さを取り戻す方法

macbook-pro-retina-15inch-55.jpg

OS X El Capitan」になって快適になったが、「OS X Yosemite」をインストールした頃の僕の15インチ型「MacBook Pro Retina」は投げ捨てたくなるほど動作が重くなってしまっていた

Mission Controlが固まる。文字入力も固まる。ウィンドウをスムーズに切り替えることができない。複数のウィンドウやアプリケーションを開き、文字入力をする僕にとっては作業にならなくて非常に困っていた。

僕は様々な要因を疑った。「Chrome Helper」がアクティビティモニタを真っ赤に染めている「Google Chrome」なのか。それとも外部ディスプレイに接続していることが原因で動作が安定しないのか。

試行錯誤を重ねた結果、現在、僕の「MacBook Pro Retina」は絶好調だ。相変わらずメインのブラウザはGoogle Chromeで、4Kディスプレイ「PB287Q」に接続してモリモリ作業をしている。動作が重くなってしまったMacを安定させる方法、もとい、Macの動作を不安定にさせている原因がやっと分かったのだ。

実施したことは合計7つ。ただし、個人的な理由で以下のことを前提としている。

  • OSの再インストールはしない:時間と手間が掛かるので、今回は見送ることに
  • エフェクトは極力そのままにしたい:Dockのエフェクトは無効にしない

OSの再インストールは面倒ということ、そしてエフェクトを無効にしすぎるとOS Xの良さが半減してしまうのでそのままにすることにした。

最新のOSをインストールしたのに安定しない、もしくは重くなって困っている、という人は要チェック!僕が実践して効果があった、動作がもたついてきたMacを安定させるために試すべき7つの方法を紹介する!

1. デスクトップを整理する

|OS X Yosemiteを入れたMacの動作を安定させる方法

これはとにかく王道中の王道。デスクトップが散らかっているとMacの動作は重くなる。あれよこれよと試す前に、まずはデスクトップが整理してから次に進みましょう。

2. 不要なウィジェットを無効にする

|OS X Yosemiteを入れたMacの動作を安定させる方法

OS X Yosemite」から通知センターにサードパーティ製のウィジェットを追加することができるようになった。Mac App Storeでは対応しているアプリもまとめられている。

アプリのちょっとした機能にアクセスできるのは非常に魅力的だが、そもそも使っていないのに通知センターの中に入れておくと結果的にMacの動作を重くし、場合によっては余計に電池を消耗する。

不要なウィジェットは無効にしておきましょう!

3. ディスクのアクセス権を修復(OS X Yosemite以下)

|OS X Yosemiteを入れたMacの動作を安定させる方法

意外と実行する人が少ないという「ディスクのアクセス権を修復」機能。「アプリケーション」フォルダ内の「ユーティリティ」フォルダ内に「ディスクユーティリティ」というアプリケーションがあるはず。これを起動すると、上記のような画面が表示される。面倒な場合は新しくなったSpotlightで「ディスクユーティリティ」と検索すれば一発で表示されるはず。

まずは「ディスクのアクセス権を検証」し、特に問題がなければ何もしなくてもいいが、万が一大量のエラーが表示された場合は「ディスクのアクセス権を修復」をクリックし、Macが自らメンテナンスを行う様子を見守りましょう。

なお、「OS X El Capitan」では「ディスクのアクセス権の検証・修復」が消去され、自動的にアクセス権が保護される仕様になった。

あわせて読みたい