Macの「カレンダー」アプリの時間フォーマットを24時間形式に変更する方法

「時刻の形式」を「24時間表示」に変更することにより、カレンダーが格段と見やすくなる

Ical mac

僕は、時間は12時制(AM/PM表示)よりも24時制の方が分かりやすいと考えている。数字を見れば一発で何時なのかが分かるからだ。

標準カレンダーを「Googleカレンダー」と同期したMacの「カレンダー」アプリを見ていたところ、表記がAM/PMのままであることを発見。文字数も多く、見づらかったので、Macの「カレンダー」アプリの時間フォーマットを24時間形式に変更する方法を紹介する!

システム全体の時刻の書式を24時間表示に変更する方法

設定方法は簡単。まずは、「システム環境設定」の「言語と地域」にアクセスする。
地域と言語

時刻の書式」という項目があるので、「24時間表示」にチェックを入れる。
24時間設定に変更

チェックを入れると、メニューバーの時計が自動的にAM/PM表示から24時間表示に切り替わるはず。
24時間表示に変更

カレンダーアプリを起動した状態で設定を変更した場合、一度アプリを終了し、再度起動すると表示が切り替わっているはず。切り替わる前は下記のような状態に。
カレンダー変更前

適用されると見ての通り、「午後4時」が「16時」に変わっている。
カレンダー変更後

コメントを残す(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(1件)
「Macの使い方・設定」新着記事
トレンド検索