Twittelator(iPad版) Review

iPadでも、当然のようにtwitterを使っているのだが、今App Storeにアプリの中で使いやすいと感じたTwittelator紹介しておく。
※ちなみにこのポストは全てiPadで書いている。

こちらが起動画面。iPhone版とほぼ同じかな。

これが投稿画面。画像や位置情報、絵文字もデフォルトで対応している。iPhone版と同じく高機能。

1番左のタブにあるのがDMの画面。過去にダイレクトメッセージをした人が左に表示されて、会話内容が右に表示される。それにしても、なぜDMが1番左なのかは疑問だ。Replyを利用する頻度の方が高いと思うのだが…。

これはreplyの画面。DM同様に表示される。タップして行けばReply元の発言にも辿れる。ちなみにReplyに限った話ではないが、画像が投稿されるとプレビュー画像が直接TLに表示されるので、いちいちリンクを開かなくてもそれなりのサイズで見れるのはすごい便利。

因みにTLはどこだよ、と思っているかもしれないが、縦表示の場合は実はこんな感じで見れる。iPad UIの一つのコンセプトが、縦表示は一つの作業に集中、横表示は一覧で表示する」みたいなので、それに沿って設計されている。横表示にすると二つが被らずに表示される。

以下が検索とTrending Topics。検索はキーワード、位置情報、ユーザーから調べられる。ここでの検索は自分のフォローやフォロワーではなく、Twitter全体からの検索である。

僕はリストなしではもはやTLを追うことができないため、必須機能の一つなのだが、自分が作ったリスト、フォローしているリスト、フォローされているリスト全てみることが出来る。ただし、一度に20件読み込んでくれるものの、それ以前のリストTLはなぜか正しく読み込まれないことが多い。

Draftsは自分がPostを途中で保存した時に保存される場所。日付と時間が自動的に記録されるので見返す時も楽だ。

1番右にあるMoreのタブにはProfile、Retweets、Everyoneと言う項目がある。
まずプロファイル画面。Following、Follower、Tweets、Favoritesに加えて、自分のリスト、フォローしているリスト、フォローされているリストも見れる。プロフィールそのものの編集アプリ内から可能。iPhone版では高機能を売りにしているだけあるので、iPad版もやはりなかなか高機能だね。

これがRetweets。僕は結構Retweetを使うので、見れるのは自分のRetweet、Twitterに最近投稿されたRetweet、そして自分のtweetでRetweetされたものの3つ。過去にRetweetしたものが見れたり、他の人にRetweetされたものが見れるのは便利かもしれない。

これがTwitterそのものに最近投稿されたTweet一覧。

因みにこれの面白いところは、上記のMain Timelineと自分のフォローしているTimelineを同時に見ることが出来る。

iPad用のtwitter clientはいくつか出ているが、今のところ試した中で1番使いやすかったのがTwittelator。600円と、ちょっと高いが、今App Storeにあるものの中では間違いなく最も安定しているはずなので、財布に余裕のある人はお試しあれ!

Twittelator for iPad
価格:600円

もっと読むiPadまとめ